ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 水の歴史館 > 水の歴史館 大谷池築造計画からの道のり 5. 大谷池築造計画の中止

本文

水の歴史館 大谷池築造計画からの道のり 5. 大谷池築造計画の中止

6 安全な水とトイレを世界中に
ページID:0070400 更新日:2015年1月15日更新 印刷ページ表示

ライン

大谷池築造計画からの道のり

5. 大谷池築造計画の中止

 明治31年4月12日、周桑郡長山下興作は、郡書記星加辰一郎を伴い、新屋敷森田保之助旧宅で村会議員と協議しました。翌13日から22日にかけて、助役村上善助、佐伯太郎朔らが同行して、南川、北川、新宮と順次反対派の説得に努めましたが、同意を得るには至らず、その後、大谷池の築造計画は中止となりました。

前のページへ次のページへライン