ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 広報 > 広報さいじょう > 広報さいじょう6月号が一枚写真部門で特選(県内1位)に輝きました!

本文

広報さいじょう6月号が一枚写真部門で特選(県内1位)に輝きました!

ページID:1084199 更新日:2024年1月26日更新 印刷ページ表示

令和5年愛媛県市町広報コンクールにおいて、広報さいじょう6月号が「一枚写真部門」で特選(県内1位)を受賞しました。

特選となった一枚写真は、県代表として全国広報コンクールへ推薦されます。ほか、広報紙部門と組み写真部門でも入賞となりました。

一昨年の「広報紙部門」全国1位、昨年の「組み写真部門」全国2位に続く全国大会出場です。

受賞作品一覧

【特選】写真(一枚写真)部門

2023年6月号 表紙

【掲載意図】

 例年6月号の特集では、市内企業の若手社員や人事担当者にスポットを当て、地元企業の魅力を伝えています。この吸い込まれるような瞳の持ち主は、障害者支援施設に勤める入社2年目の若手女性職員。利用者さんを見つめる、真剣だけどとても優しいこのまなざしには、いろんな思いが詰まっています。これから不安な中で就職活動をする若者へのメッセージになると思い、この写真を選びました。

表紙

審査員コメント

  • 女性職員のまなざしに引き込まれた。利用者との温かな語らいや生き生きした仕事ぶりを一瞬にして伝える。瞳に焦点を当てた技術と大胆に切り取った構図が光る。
  • 派手さはない写真なのに、被写体の目や表情などが印象的でトリミングも絶妙。
  • 人物のアップで思い切った構図で、まなざしと表情から利用者への愛と、おだやかな時間の流れを感じ、見ていてやさしい気持ちになった。

【入選】広報紙(市部)部門

2023年12月号

【掲載意図】

 西条市の中山間で知る人ぞ知る「千町の棚田」。全国的にもみても素晴らしいまちの隠れた魅力を、皆さんに伝えたいと思い特集を組みました。耕作放棄地の増加や住民の減少などが進む中で、高校生などの若い世代やその生徒たちを指導する先生の活動、市民団体や地域住民の方の熱い思いを紹介しています。「未来へつなぐ」をテーマに、少しでも棚田に関心を持ってもらい、イベントへの参加など市民の行動変容へとつながるような特集です。

 特集以外のコーナーでは、読者アンケートの声から生まれた、市内のおすすめグルメや注目の新店舗情報を紹介する新コーナーを新設。実際に足を運んで、まちの新たな魅力を感じてもらえる一冊です。

表紙

審査員コメント

  • 活動への思いや今後へのヒントを住民・高校生・研究者らに幅広く丁寧に聞き取っている。歴史を記録し、棚田の重要性・継承への課題もしっかり捉えている。守り続ける喜びの表情を文章や写真を通して伝えた上で、読者が関われる手段も提供し人を結ぶ役割を担っている点がよい。
  • 千町の棚田を守る取り組みと現状を予備知識のない人にも分かるよう紹介している。耕作放棄地や約8割、地区住民が激減という現状も押さえつつ、棚田保全に汗を流すNPOやメンバーの思いを掲載している。保全活動をしている現役高校生やOB、専門家の声も取り上げ、活動の意義や成果に説得力を持たせている。
  • 読みやすいレイアウトで写真の使い方などもうまいと感じた。計10ページにもわたる長い特集だが、一つ一つの文章を短くし、見出しをつけて区切り、読みやすくしようという工夫がうかがえた。取材対象も多く力作だと感じた。

【佳作】写真(組み写真)部門

2023年11月号

【掲載意図】

4年ぶりの通常開催となった、西条市のメインイベント「西条秋まつり」。市民がこれだけ愛しているまつりはほかにはない、祭りの熱が冷めないうちにできる限り早く紙面で伝えたい!との思いから、印刷会社と連携し、史上初のスピードで紙面に掲載しました。期間中、広報係全員で市内を駆け巡り、できる限り多くの地区の祭りを紹介できるようぎりぎりまで粘った、思い出深い紙面です。

表紙

審査員コメント

  • 夜、動いている被写体を撮るのは難しい。祭り参加者の表情までよく撮れており、コロナ禍が一段落し、待ちわびた祭りを満喫している様子が伝わってきた。
  • 左上から右下にかけてたすき状に、「太鼓台」「みこし」「だんじり」「獅子舞」と4枚の写真を配して視線の流れをつくっている。周囲に担ぎ手らのくりぬき写真などを置いて変化をつけている。まつりのにぎわいはもちろん、会期中、まつりのことを知らない人にも、どんなことがあったのかが端的に分かるようにしている。
  • 16日までの祭りの写真を17日印刷の広報紙にいれた心意気も感じた。SNSも使い8割の屋台を紹介したというのも市民はうれしかっただろうと思う。

令和5年愛媛県市町広報コンクールの概要

目的

 県内市町の行政広報の技術向上を図るため、令和5年1月から12月の間に発行、発表した各種広報媒体(広報紙、写真、映像)についてコンクールを行い、優秀な作品を表彰する。

主催

愛媛県、愛媛県広報協会

入賞作品の選定

  • 特選:1点
  • 入選:若干
  • 佳作:若干 

令和5年愛媛県市町広報コンクール審査会の結果について (参考:愛媛県ホームページ)


おすすめイベント