ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

救助隊・救急隊との連携訓練

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月4日更新

 救助隊・救急隊との連携訓練

 

 西消防署では、救助隊と救急隊の連携強化を目的に、救助隊が所有する山岳救助用資機材を使用した救助訓練を行いました。

 訓練は「崖下への転落事故により要救助者2名あり」との想定のもと「はしごクレーン(三連はしごにロープおよび滑車を通し救出する方法)」により、救急隊が転落場所に降下し、要救助者の観察を行い救助隊と連携して要救助者を地上まで引き上げ、担架搬送後、救急車へ収容するまでとしました。

 今回の訓練で、各隊の役割を相互に理解して連携することにより,安全でスムーズな活動が行えることを再確認しました。

 

 

訓練写真一覧

消防 消防                              

消防 消防

 消防  消防