ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会教育課 > 伊予聖人 近藤篤山

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


伊予聖人 近藤篤山

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月20日更新

今なお讃えられる「伊予聖人」

 
近藤篤山

近藤 篤山(こんどう とくざん) 1766~1846

 

江戸時代後期の儒学者であり教育者です。小松藩に賓師(ひんし=藩主の先生)として招かれ、40年にわたって領民の教育に携わりました。
篤山先生は、人々に対し心の持ち方や日々努力することの大切さを説き、自らもそれを実践しようと努めました。その教えは領民を大いに感化し、誠実な人柄は広く慕われて「伊予聖人」と呼ばれました。

小松地域では今でも近藤氏を「篤山先生」と呼ばれ、称えられています。
西条市では、文化を実感できるまちづくりをめざし、豊かな人間形成を目的として、篤山先生の業績を広く紹介・顕彰するためさまざまな事業に取り組んでいます。

 

 

年表
年号西暦出来事
明和3年1766宇摩郡土居町の高橋家に生まれる
明和8年1771生母の別離にあう
安永4年1775家産傾き、家族で別子銅山に移り、父が銅山役人となる
天明8年1788大阪で儒学者、尾藤二洲(びとうじしゅう)の塾に入門する
寛政3年1791二洲先生、幕府儒官となり江戸へ移住する
寛政6年1794江戸の昌平こうに入門し、再度二洲先生の教えをうける
寛政9年1797江戸での勉学を追え郷里へ帰る
寛政10年1798川之江に私塾を開き門弟を教える
享和3年1803小松藩にまねかれ、藩校「養正館」儒官となる
文化3年1806現在の屋敷に移る
天保13年1842隠居をゆるされる、また40年以上の教育・徳行に対し、幕府より表彰される
弘化3年184681才をもって没す

 

関連リンク

関連スポット


近藤篤山先生についての画像


もどる