ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 公園・自然 > 水資源・自然 > CO2ダイエット 平成29年度 実施状況報告

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


CO2ダイエット 平成29年度 実施状況報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月18日更新

CO2ダイエット5年計画(第3期・平成28~32年度)
平成29年度 実施状況報告

1.平成29年度排出量と基準年・目標値との比較

 平成29年度の西条市の事務事業から排出される温室効果ガスのうち、削減対象施設※から排出された総量は33,240t-CO2で、基準年から比べて全体で8.7%増加しました。
 その中で、「職員の取組」に関する温室効果ガス排出量は、基準年に対して2.7%増加し、「ごみ減量」に関する排出量は、22.3%増加しました。
※削減対象施設とは、調査対象としたすべての施設から、下水処理場、公衆トイレ、街路灯などを除いたものです。

表1 排出源別温室効果ガス排出量(削減対象施設)  

                                                 単位:t-CO2排出源別温室効果ガス排出量


排出源別温室効果ガス排出量基準年対比推移  
図1 排出源別温室効果ガス排出量基準年対比推移(削減対象施設)

 図1は、基準年度を0として、排出源別温室効果ガス排出量の推移を示しています。温室効果ガス排出量は、ガソリンと灯油が基準年より減少しましたが、それ以外は増加しました。特にLPGについては、本谷温泉館のボイラ更新(灯油からLPGへ)を主要因として増加していると考えられます。

2.排出量の推移

温室効果ガス排出量の推移
図2 温室効果ガス排出量の推移(削減対象施設)

 削減対象施設の温室効果ガスは、道前クリーンセンターでごみ(廃プラスチック)を焼却することにより排出されるもの=「ごみ減量」と、それ以外(施設での電気や燃料の使用など)から排出されるもの=「職員の取組」の二つに分けて、削減目標を設定し、推移を見ていきます。

 平成29年度では、「職員の取組」、「ごみ減量」ともに、温室効果ガス排出量は、基準年より増加し削減目標値は達成できていません。

3.職員の取組

 平成29年度の「職員の取組」の範囲による温室効果ガス排出量は21,782トンとなり、基準排出量21,204トンに対して約578トン(2.7%)増加しています。

「職員の取組」範囲による温室効果ガス総排出量推移
図4 「職員の取組」範囲による温室効果ガス総排出量推移

「職員の取組」温室効果ガス排出源の構成
図5 「職員の取組」温室効果ガス排出源の構成

 「職員の取組」部分の温室効果ガスのうち、約8割が電気の使用から発生しています。続いて灯油、LPGなど空調・ボイラー等の燃料に関するものとなっており、ガソリンや軽油など自動車の走行から発生する割合は小さくなっています。

 平成29年度は厳冬の影響で暖房器具に使用する電気や燃料が増加したと考えられます。また、基準年以降に本格稼働した施設(市民活動支援センター、石鎚クライミングパークSAIJO等)もあり、電気使用量が増加しました。

 さらなる温室効果ガス削減に向けて、職員一人ひとりの節電への取組が重要です。

4.ごみ減量

 平成29年度の「ごみ処理」に関する温室効果ガス排出量は11,458トンで基準排出量9,366トンに対して約2,092トン(22.3%)増加しています。

「ごみ処理」に関する温室効果ガス排出量推移
図 6「ごみ処理」に関する温室効果ガス排出量推移

 「ごみ減量」部分でも、基準年に比べて温室効果ガス排出量は増加しました。排出量増加の要因は、ごみ焼却量の増加により廃プラスチック焼却量が増加したことです。温室効果ガスを削減していくためには、住民の方々と協力し、さらなるごみ減量に取り組むことが必要です。ごみの正しい分別やリサイクルのご協力をよろしくお願いします。
リンク: ごみの減量にご協力ください

実施状況報告

                               「CO2ダイエット5年計画(第3期)」へ戻る

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)