ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

職員紹介 高橋宗太郎(農水振興課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月1日更新

main

入庁のきっかけ 豊かな食や子育て環境に魅力を感じて。

私の地元は西条市ではありませんが、「食」といえば西条市というくらい昔から西条の農産物を食べていました。高校卒業後、地元を離れましたが、最終的に愛媛に戻ってきて人生の中での「食」の大きさに感銘を受けました。結婚を機においしいものがあり、子どもを育てやすい環境、癒される空間をと考えたときに、西条市の一員となり働いてみたいと思いました。

 

現在の部署の業務内容 多方面から農家さんをサポートし、地域の農業を盛り上げる

農水振興課では、その名のとおり農業や水産業に関わる部署。関連する企業・団体や人たちと連携して、西条市の農業・漁業を担う人たちへのサポートを行うことで、農業・漁業の振興につながる環境づくりをしています。

その中でも、所属する「農業振興係」は農業に特化し、農家さんへの補助事業での支援や若手農家さんのチャレンジを行政として応援するなど、多岐にわたって西条市の農業を盛り上げる仕事をしています。

 

西条市役所での仕事の魅力 市民生活に密着したさまざま仕事を真摯に学べる環境

私は入庁4年目で建設道路課から農水振興課に異動になりました。まったく仕事の内容が違い、最初は戸惑うこともありましたが先輩職員のサポートや農家さんの優しさに助けられながら日々仕事に取り組んでいます。

西条市役所では、平均して3年前後で異動になりますが、市民の皆さまの普段の生活に密着した仕事が多く、さまざまな経験や知識が得られ、真摯に学ぶことができます。

sub
課内のメンバーと打ち合わせ。若い職員も多く、先輩や上司にも相談がしやすい環境

 

ある一日の流れ

time

取材:2019年7月


職員紹介トップに戻る