ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

職員紹介 藤田晋太朗(東消防署)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月1日更新

main

入庁のきっかけ 小さい頃に憧れた消防士。地元で人の役に立つために。

幼いころ火災現場を目の当たりにした時に、消火活動を行う消防士の姿を見て、憧れを持ちました。
大学進学時は県外に出ていたのですが、就職を機に生まれ育った西条市で何か人の役に立てる仕事がしたいと思ったときに、幼いころに憧れていた消防士を目指しました。

 

現在の部署の業務内容 搬送のほか、市民への指導を通じて命を守る。

緊急時における傷病者の応急処置・蘇生処置を行いながら病院への搬送を行っています。
また、市民の方がもしもの時に応急手当ができるように、AEDの使用法や胸骨圧迫・人工呼吸の正しい行い方などを指導する訓練指導も行っています。毎月第3日曜日を「応急手当の日」と定め、市民救命士養成講習会を実施。市民の方と触れ合う機会もある仕事です。

サブ写真
先輩職員から、日々救急業務に関するさまざまなノウハウを指導してもらっています。
人命に関わる場面もあるので真剣です

 

西条市役所での仕事の魅力 人命救助のプロとしてのやりがいや成長を実感。

消防の仕事は、人命に関わる仕事です。緊急性が高く一刻を争う場面もありますが、人命救助のプロとして活動し、命のリレーを繋ぐことができた時や市民の方にお礼を言われた時に、特にやりがいを感じます。

また、消防業務を通じて現場活動や指導など、さまざまなことを経験できるので、自分自身も成長できます。将来的には、人命救助のプロとして知識と技術を兼ね備え、市民の方や隊員からも認められるような消防士として成長したいと考えています。

 

ある一日の流れ

time


職員紹介トップに戻る