ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 職員人事・採用 > 採用情報 > 西条市職員採用試験 > 職員紹介 佐伯光(建設道路課 道路維持係)

職員紹介 佐伯光(建設道路課 道路維持係)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月1日更新

main

入庁のきっかけ ふるさとに貢献すべくゼネコンから市役所へ

大学卒業後、ゼネコンに就職し、現場の施工管理を担当しました。前職ではその仕事柄、全国各地で仕事をする機会に恵まれ、とても充実した日々を過ごしました。
そんな中で、複数の知り合いが民間企業から官公庁に転職。その人達から転職についての話を聞いたのが、自分も転職を考えるきっかけとなりました。私も民間企業で公共事業に携わっていましたが、「自身が生まれ育った西条に貢献できる仕事がしていきたい」と考え、西条市に転職しました。

 

現在の部署の業務内容 安全に、道路や橋を使っていただくために

建設道路課の役割は、西条市の道路を整備し、それを良好な状態に維持・管理することです。
私が所属する道路維持係は、市道や橋梁、道路付属物の維持管理に関することや交通安全施設の整備に関することなどを担当しています。
また、災害が発生し、道路が通行止めになった際などには、すぐに復旧できるように対応することも私達の重要な仕事です。いずれにしても、先輩・上司との距離が近く、都度相談をしながら仕事を進めています。

sub
図面を囲んで打ち合わせ。気兼ねなくコミュニケーションが取れる職場

 

西条市役所での仕事の魅力 「目に見える」安全・安心なまちづくり

怖いものといったら、“地震・雷・火事・親父”といわれますが、道路管理者にとっては“地震・大雨・老朽化”です。
僕たちが直面する大きな課題は、近年発生確率が高まっている南海トラフ巨大地震に対する備えや、高度経済成長期以降に整備されたインフラの老朽化対策。それらは市民の安全な暮らしと安心に直結します。
土木職は安全に暮らせるまちづくりが、目に見える形で残ることが魅力の一つではないかと思います。

 

ある一日の流れ

time


職員紹介トップに戻る