ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・救急 > 消防 > 放火されない街をつくりましょう!

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


放火されない街をつくりましょう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月11日更新

放火されない環境づくり!

全国の放火火災(放火の疑いを含む)は、例年高い割合を占めています。西条市でも放火による火災が発生しています。

放火火災の防止の基本は、「放火されない・放火させない環境づくり、放火されても被害を大きくさせない」ことです。
放火されない環境をつくるために、以下のポイントに注意しましょう!

放火されない環境づくりのポイント

1 家のまわりに燃えやすいものを置かない。

2 新聞受けやポストに広告やチラシなどを溜めない。

3 ごみは指定された日の朝に出す。

4 外出や就寝時は、玄関・通用口および窓の施錠をする。

5 空き家、物置などは施錠しておく。

6 夜間、家の周りや駐車場には、センサーライトや常夜灯を設置する。

7 庭木の剪定などを行い、家の周りの見通しをよくする。

8 自治会等で放火対策について話し合い、地域ぐるみで放火防止に取り組む。

放火対策_チラシ 放火対策 [PDFファイル/405KB]

備えは大丈夫?

被害を抑えるためにも、次のものを設置しましょう。

  1. 住宅用火災警報器(10年をめどに電池の交換が必要です)
  2. 消火器(初期消火に有効です)

放火火災に対する自己診断シート

この自己診断シートを用いて、個人・事業所・地域ごとに放火に対する自己診断を実施してみましょう!

また、放火火災に対する対応力を評価し、対策を考えてみましょう。

◆自己診断シート

個人用 [PDFファイル/127KB]

事業所用 [PDFファイル/122KB]

地域用 [PDFファイル/154KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)