ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会教育課 > 新幹線生みの親 十河信二

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


新幹線生みの親 十河信二

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月21日更新

西条市長を経て国鉄総裁へ。東海道新幹線の建設を実現

 
十河信二氏

十河 信二(そごう しんじ) 1884~1981

 

新居浜市中萩出身、愛媛県尋常中学校東予分校(現西条高等学校)卒。日本の鉄道官僚、政治家。

戦後の混乱期に第2代西条市長を務められ、市政の進展に尽力されました。

その後、昭和30年に第4代国鉄総裁に就任(在任1955~1963)。
その熱い情熱と卓越した手腕で、当時は世界中に前例のない一大プロジェクトであった夢の超特急東海道新幹線の建設を実現し、「新幹線の生みの親」と知られています。西条市名誉市民第一号。          

                                                                                 ※画像:産経新聞社撮影

十河 信二氏 略歴
年号西暦主なできごと
明治17年18844月14日、愛媛県新居郡中萩村大字中村に十河鍋作・ソウの二男として生まれる
明治30年1897愛媛県尋常中学校東予分校東予分校(現・愛媛県立西条高等学校)に入学
明治35年1902西条中学校卒業・第一高等学校入学
明治38年1905

東京帝国大学法科大学政治学科入学
東京音楽学校在学のキクと結婚

結婚

明治42年1909

東京帝国大学卒業
鉄道院に入庁、書記に任命される

鉄道院時代(中央が十河氏)

大正6年1917アメリカ留学
大正12年1923関東大震災を受け、帝都復興院に書記官として出向。後藤新平らと復興事業に携わる。
昭和5年1930南満州鉄道の理事に就任
昭和6年1931満州事変
昭和10年1935国策会社興中公司の社長に就任
昭和12年1937林銑十郎内閣組閣。参謀長に就任し、中国の経済発展に寄与
昭和13年1938参謀長を辞職
昭和20年1945

第2代西条市長就任

故郷西条のためにやるのであるから、報酬は一切受け取らないという条件だった。

昭和21年1946西条市長を辞任し、鉄道弘済会会長・日本経済復興協会会長就任
昭和30年1955

国鉄の洞爺丸・紫雲丸事故を受け辞任した、第3代長崎惣之助総裁に代わり、第4代日本国有鉄道総裁となる

相次ぐ事故で国鉄の信用は地に墜ちていた。71歳で就任した十河には「鉄道博物館から引っ張りだされた古機関車」との酷評もあったが「最後のご奉公と思い、赤紙を受けて戦場に行く兵士のつもりで、鉄路を枕に討ち死にの覚悟で職務にあたる」という挨拶をして引き受けた。

昭和31年1956東海道線増強調査会設置
昭和32年1957

国鉄組織改正
幹線調査会、運輸大臣に答申1号「東海道に新規格線建設の必要性」を提出

自らは政治的手腕をふるい、広軌化を実現。技術者の島秀雄とともに新幹線建設計画を主導・推進した。

昭和33年1958

新幹線建設基準委員会を設置
東京~大阪・神戸間を、国鉄初の電車特急「こだま」が運転開始

こだま号テープカット

昭和34年1959

東海道線東京・大阪間線路増設工事の認可申請
東海道広域新幹線の起工式を新丹那トンネル熱海口で挙行、東海道新幹線着工

新幹線起工式

昭和36年1961浜松付近・名古屋・関ヶ原間ルートの運輸大臣認可が下り、新幹線全ルートが決定

鉄道省出身佐藤栄作大蔵大臣のアドバイスを受け、世界銀行から融資が決定

世界銀行から融資決定

昭和37年1962新幹線開業準備委員会設置
昭和38年1963任期満了に伴い国鉄総裁を退任
昭和39年196410月1日、新幹線開業
出発式を自宅のテレビで見守る
昭和44年1969西条市初の名誉市民となる
昭和48年1973

東海道新幹線の東京駅18・19番ホーム先端に東京駅新幹線建設記念碑が建立

昭和56年1981

10月3日、97歳で大往生で亡くなる

写真:無断転載を禁じます。

関連スポット

リンク


もどる