ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍 > 各種証明書 > 住民票やマイナンバーカードなどに旧姓(旧氏)が併記できます

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


住民票やマイナンバーカードなどに旧姓(旧氏)が併記できます

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月1日更新

住民票やマイナンバーカードなどに旧姓(旧氏)が併記できます

 令和元年11月5日から、申請により住民票やマイナンバーカードなどに「旧姓(旧氏)」を併記できるようになります。

旧姓(旧氏)とは

 その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人にかかる戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

こんなときに役立ちます

  • 各種契約や銀行口座の名義に旧姓が使われている場合で、その証明に使えます。
  • 就職・転職時など、仕事の場面でも旧姓で本人確認ができます。

旧姓(旧氏)併記がされる主なもの

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • マイナンバーカードまたは通知カード
  • 署名用電子証明書

申請について

申請方法

 住民登録のある市区町村役場での申請となります。他市区町村に住民登録がある場合、住民登録のある役場にご確認ください。

申請受付窓口

  • 西条市役所 本庁 市民生活課 市民係 (新館1階)
  • 東予総合支所 市民福祉課 市民保険係 (庁舎1階)
  • 丹原総合支所 市民福祉課 市民福祉係 (庁舎1階)
  • 小松総合支所 市民福祉課 市民福祉係 (庁舎1階)

受付時間

 平日の午前8時30分から午後5時15分まで(12時から13時の昼休み中も可)

必要なもの

  • 窓口に来られる方の本人確認書類(運転免許証など)
  • マイナンバーカードまたは通知カード
  • 併記を希望する旧姓(旧氏)が記載された戸籍から現在の氏が記載されている戸籍に至るすべての戸籍謄本等
    ※不明な点がございましたら、ご相談ください。
    ※代理人が手続きされる場合は、上記のものに加えて委任状等が必要になります。事前にお問い合せください。

関連リンク

 旧姓(旧氏)併記については、総務省のホームページにも掲載されていますので、ご確認ください。
 住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について(総務省)