ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


国安(チームKUNIYASU)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月12日更新

国安地区の概要

 国安の地名は、明治22年の町村制の実施に伴い、高田・桑村・国安・新市の四村が合併し、四村の中でも大きな村であった国安の地名を用いたことに由来します。古くは国ノ郷に属しており、高縄(たかなわ)山系の東三方ケ森を源流とする大明神川下流の南側(右岸)にあたる地区になります。

 もともとは、周桑(しゅうそう)郡、以前の桑村郡の国安村と呼ばれ、江戸時代から周桑手すき和紙作りの舞台であり、現在でも「紙の里 国安」と呼ばれています。

出典:東予市誌

マップ

令和2年12月末 現在  
地区名国安(くにやす)
人口3,850人
世帯数1,869世帯
自治会数7
地域自治組織

国安の地域づくりのあゆみ

 少子高齢化・人口減少に伴い愛護班活動を継続することが難しくなってきてことをきっかけとし、子どもが楽しく健やかに暮らしていくために国安地区としてどうあるべきかを地域全体で考えることをテーマに話し合いを開始しました。地域づくり講演会や座談会の開催、国安小学校保護者へのアンケート調査等を実施する中で出されたさまざまな意見を具現化し、誰もがみんな「国安に住んでみたい」「国安に住んで良かった」「国安に住み続けたい」と心から思える地域の実現を目指して、令和2年1月に「チームKUNIYASU」を設立し、話し合いを重ねています。

主な取組

地域づくり座談会

 令和元年6月17日に開催された(第1回)国安地区地域づくり座談会では、自治会、PTA、愛護班などで活動する方を中心に「国安の良いところ・頑張っていること」「暮らしの中で気になること・改善したいこと」等について、皆で意見を出し合い、国安の現状について話し合いました。

座談会

PTA対象座談会

 愛護班活動を継続することが困難になってきたことをきっかけとして地域づくりを進めている国安では、令和元年10月に小学校の保護者に意見を聞くためPTAを対象とした座談会を行いました。「愛護班がなくなったら地域にどのような影響が出るのか」「愛護班の課題を解決するためには」等をテーマに話し合い、保護者の意見をまとめていきました。

PTA座談会

資料

チームKUNIYASU通信

チームKUNIYASU通信表 チームKUNIYASU通信裏

チームKUNIYASU通信 創刊号(令和3年1月発行) [PDFファイル/766KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)