ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 雇用・労働支援 > 住友重機械イオンテクノロジー株式会社と西条市の官民連携によるオンラインインターンシップを実施しました!

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


住友重機械イオンテクノロジー株式会社と西条市の官民連携によるオンラインインターンシップを実施しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月15日更新

概要

令和2年9月2日(水曜日)から9月5日(土曜日)の4日間、住友重機械イオンテクノロジー株式会社(社長:月原光国氏、以下SMIT)と西条市(市長:玉井敏久)の官民連携により、大学生を対象としたインターンシップをオンライン形式で開催しました。

インターンシップでは、西条市から発表した「学生時代を都市部(大阪、東京、名古屋など)で過ごした若者にIターン・Uターン就職をしてもらうには、西条市役所は何をすべきか。またSMITは西条市役所の施策に対してどのようにかかわることが理想か?」とのテーマに対し、4チーム(1チーム4人)が課題研究を行い、最終日に各チームから月原社長と玉井市長にプレゼンテーションを行いました。

各グループから発表された内容は次のとおりです。

1.人とひとをつなぐ(グループ名:MONKI'S) [PDFファイル/1.3MB]

2.#愛媛・西条で合宿しよう!!(グループ名:きあみさ) [PDFファイル/1.29MB]

3.「地方で暮らす」を学生の当たり前の選択肢に(グループ名:西条事変) [PDFファイル/840KB]

4.わくわくアイデアコンテスト!(グループ名:オロナミンC) [PDFファイル/967KB]

月原社長と玉井市長による審議では、発表内容の実現可能性やワクワク度(やりたいか)といった視点から採点が行われ、その結果、西条事変の発表が最も高い得点となり、総合評価としても4チームで唯一「一部採用したい」との評価を得ました。

西条市としては、今回の発表内容を今後のIターン・Uターン人材の獲得に向けた施策に活かすべく、検討を進めていきたいと考えております。

≪当日の様子≫

当日の様子1当日の様子2

インターンシップ全般に関するお問合せ先

住友重機械イオンテクノロジー株式会社
担当者:廣瀬 E-mail: yasufumi.hirose@shi-g.com


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)