ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 産業経済部 > 産業振興課 > くるぞ万博~2025年日本国際博覧会 大阪・関西万博~

本文

くるぞ万博~2025年日本国際博覧会 大阪・関西万博~

17 パートナーシップで目標を達成しよう
ページID:0113092 更新日:2024年7月1日更新 印刷ページ表示

大阪・関西万博開幕まで1年を切りました。西条市は、「TEAM EXPO 2025」プログラム/「共創パートナー」(令和5年4月)に登録されており、大阪・関西万博を盛り上げるため、さまざまな情報発信に取り組んでいます。また、全10回にわたり、万博について、わかりやすくその意義や魅力を掘り下げていく連載コラムを発信していきます。

2025年日本国際博覧会について

 「万博」は世界中からたくさんの人やモノが集まるイベントで、地球規模のさまざまな課題に取り組むために、世界各地から英知が集まる場です。1970年に日本、そしてアジアで最初に開催された大阪万博(EXPO’70)は日本の高度経済成長をシンボライズする一大イベントとなりました。2025年大阪・関西万博は、2005年に開催された愛・地球博に続き、20年ぶりに日本で開催される国際博覧会です。
「万博」の人・モノを呼び寄せる求心力と発信力を2020年東京オリンピック・パラリンピック後の大阪・関西、そして日本の成長を持続させる起爆剤にします。

名称
【正式名称】2025年日本国際博覧会(EXPO 2025 OSAKA, KANSAI, JAPAN)
【略称】大阪・関西万博(EXPO 2025)
会期
2025年4月13日から2025年10月13日まで

開催地
大阪 夢洲<ゆめしま>(大阪府大阪市夢洲地区)

テーマ
いのち輝く未来社会のデザイン(Designing Future Society for Our Lives)

サブテーマ
  • Saving Lives(いのちを救う)
  • Empowering Lives(いのちに力を与える)
  • Connecting Lives(いのちをつなぐ)
コンセプト
-People's Living Lab- 未来社会の実験場

想定来場者
約2,820万人(うち海外 約350万人)

万博ポスター

EXPOコラム

 第1回 万博ってなに?

2025年日本国際博覧会協会の西本敬一と申します。
いよいよ来年4月に大阪・関西万博が開幕します。その魅力をより多くの方々に感じて頂きたく、連載を始めます。
第1回は、そもそも「万博とは何か?」について3点紹介します。
 1点目は「公衆の教育」です。国際博覧会条約第1条には、万博の定義として「公衆の教育を主たる目的とする催し」と書かれています。やや堅い表現ですが、世界と未来を「学ぶ」人類最大のイベントと言い換えても良いでしょう。

 2点目は「時代を映す鏡」です。万博は常にその時代時代を反映し、「世界の今を知り、未来を考え想像する場」が万博です。既に161の国・地域が参加を表明済で、これ程の規模で世界の今を知る場は、万博以外にはありません。
 
 3点目は「世界の人々が一堂に会する場」です。同じテーマの下、半年間にわたり、世界の人々が同じ場所に集う比類なきイベントです。世界の人々と対話・交流できる一生に一度の機会であり、愛・地球博では多くのリピーターがその機会を楽しみました。
執筆者

執筆者 公益社団法人 2025年日本国際博覧会協会
経営企画室 西本 敬一 上席審議役

公式アカウント(Twitter/Instagram)

公式アカウント(Twitter/Instagram)では、「TEAM EXPO2025」プログラムや、大阪・関西万博の最新情報を随時発信しています。
万博を盛り上げていくためにも、ぜひ公式アカウントのフォローをお願いします。
 
Twitter>  Expo2025 大阪・関西万博  @expo2025_japan
https://twitter.com/expo2025_japan/
InstagramExpo2025 大阪・関西万博 @expo2025japan
https://instagram.com/expo2025japan/
公式ロゴ

             コピーライト


おすすめイベント