ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国保医療課 > 後期高齢者医療制度(愛媛県後期高齢者医療広域連合)

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


後期高齢者医療制度(愛媛県後期高齢者医療広域連合)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月31日更新

 後期高齢者医療制度は、75歳以上の方と、65歳以上で申請により一定以上の障がいがあると認定された方が加入する医療保険制度です。
 75歳を迎える方は、75歳の誕生日当日から、後期高齢者医療制度に加入することになります。
65歳以上74歳以下で一定以上の障がいがある方の加入は任意となります。
 後期高齢者医療制度に加入すると、それまで加入していた国民健康保険や被用者保険(健康保険や共済保険)を脱退することになります。
 また、加入する被保険者一人ひとりが所得に応じて保険料を負担することになります。
 制度の運営は、愛媛県内の全ての市町が加入する「愛媛県後期高齢者医療広域連合」が保険者となって行いますが、保険証の引渡し、各種申請の受付等の窓口業務、保険料の徴収などは市役所で行います。 

後期高齢者医療制度の詳しい内容については、下記の愛媛県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。