ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 学校教育課 > 「ICTを活用した授業のユニバーサルデザイン化」研究発表会を開催しました!

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


「ICTを活用した授業のユニバーサルデザイン化」研究発表会を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月6日更新

12月1日(金曜日)、西条市立小松小学校にて、標記研究発表会が、市内外を含む約110名もの参加者を迎え開催されました。
小松小学校は、「一人一人のよさを生かし、共に学び合う子どもの育成」を目指して、ICTを活用した授業のユニバーサルデザイン化について、授業実践をとおして研究を進めてきました。研究発表会では、4学級の研究授業を行い、教科のねらいを踏まえつつ、授業のユニバーサルデザイン化を意識した授業実践を公開しました。

研究協議において、2年間の小松小学校の取組、研究の概要、成果と課題について研究発表を行いました。また、全体会における指導講評・講演では、愛媛大学教育学部の吉松靖文教授より、小松小学校の2年間の取組の総括と「学びのユニバーサルデザインと新学習指導要領」と題してご講演いただきました。

小松小学校が取り組んだ成果が、市内全小・中学校に浸透し、それぞれの学校で、「ICTを活用した授業のユニバーサルデザイン化」を実践し、すべての子どもたちが輝くための「わかる」「できる」授業、学校づくりに取り組むことができるよう、今後も取り組んでまいります。

komatsu1

komatsu2