ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第4回「千の風になったあなたへ贈る手紙」表彰作品一覧

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月6日更新

第4回「千の風になったあなたへ贈る手紙」の表彰作品全10作品を掲載します。ぜひご覧ください。

※住所、年齢は応募時点のものです。

※題名をクリックすると、作品をご覧いただけます。

※イラストは、西条市立河北中学校美術部の生徒さんに提供していただきました。

大賞

 千の風になったあなたへ ・・・・・・武智 冷子(愛媛県伊予市・76歳)

 幼い子を残して千の風となり、旅立った娘。残された孫のパワーや子育てに心血を注ぐ娘婿の姿に勇気をもらい、関係するみんなを精いっぱい応援したいという決意の手紙。

大賞

作者 武智さんのお話

 娘が旅だって約9年。私は拙文を新聞に投稿していますが、娘の事は辛くて書けませんでした。でも娘の生きた証を残したいとの思いが募り、そのタイミングで、このプロジェクトを知り、一気に書きあげました。そのチャンスを与えて下さり、大賞という恐れ多い賞を頂きありがたく思うと同時に、前向きに生きて行くための背中を押して頂き感謝しています。

 優秀賞

 兄さんがくれた人生・・・・・・齋藤 恒義(兵庫県加西市・70歳)

 2人きりの兄弟で、人生の節目節目で温かく手を差し伸べてくれた兄に救われ、兄の死後も兄の心遣いに驚き、感謝の気持ちを示した手紙。

優秀賞

作者 齋藤さんのお話

  「よう覚えてくれとったなあ」兄の声が聞こえてきます。四十にして一人っ子にしてくれた憎い兄なのに、古希を迎えてから急に思い浮かべては、切ない思いに駆られました。別れの言葉なしに事故で亡くなった兄と話そうと綴った手紙が、思いもかけない賞をいただいたのです。「やったなあ」喜んでくれる兄と感謝する幸せな弟です。

「千の風になって 誕生の地」七飯町賞 

 写真できり見たことの無い私のお母さまへ・・・・・・阿部 暢子(東京都港区・79歳)

作者 阿部さんのお話

 両親の分まで頂いた私の命。
 今年の1月29日で80歳の誕生日を迎えることができました。
 この度「表彰作品」にお選び頂けました事は、80歳という節目の何よりの誕生祝を頂戴したと深謝しております。
 本当にありがとうございます。

「千の風のふるさと」新潟市賞 

 真実・・・・・・太田 貴子(香川県高松市・43歳)

作者 太田さんのお話

 この度、作品に光を当てていただいたおかげで、長い年月を経て、祖母に感謝を伝えられたような気がします。中華料理屋さんはなくなってしまいましたが、祖母との思い出は、あの日のチーズのようにとけることなくいつも私の心にあり『今を生きよ』とエールを送ってくれます。

「千の風になって 手紙のふるさと」西条市賞 

 家族が増えた喜びを一緒に ・・・・・・米山 武志(東京都北区・67歳)

作者 米山さんのお話

 旅立った娘を含め家族みんなで息子2人の結婚を祝い、新しい家族が増えたことを喜び、幸せを共有したいと思いました。娘も息子2人のパートナーも大切な家族だからです。そういう想いを手紙に認めました。受賞のお知らせはその想いが娘に伝わり、娘からの返事のような気がしています。

奨励賞 

 親愛なるあなたへ・・・・・・石原 宏子(愛媛県西条市・77歳)

 遺品の整理・・・・・・平田 マツミ(愛媛県八幡浜市・81歳)

 小さな蜜柑の木・・・・・・仕立 浩美(兵庫県神戸市・56歳)

 ありがとう~あの日から三十二年夏の雲・・・・・・増田 篤子(北海道富良野市・67歳)

 母の散歩・・・・・・伊藤 幸男(神奈川県相模原市・71歳)