ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


景観計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月9日更新

 平成16年6月18日に景観法が公布、同年12月17日に一部施行、平成17年6月1日に全面施行されました。
 西条市は良好な景観の形成を図るため、平成17年10月17日から景観法に基づく「景観行政団体」となっています。

景観行政団体について

 景観行政団体とは、景観行政を担う主体であり、良好な景観形成のための具体的な施策を実施する団体で、政令指定都市、中核市は自動的に、その他の市町村は、県知事と協議し、その同意を得ることにより景観行政団体となることができます。

丹原町臼坂田園風景 小松町近藤篤山旧邸 御殿前通り

景観行政団体ができること

  • 景観計画の策定
  • 景観重要建造物の指定
  • 景観樹木の指定
  • 景観協定の認可
  • 景観整備機構の指定

休暇村より眺望

御舟川緑道 楠浜北条線

(景観法の詳しい内容は、国土交通省のホームページをご覧ください。)

景観計画策定への取り組み

現在、景観計画策定に向けて下記の取り組みを行っています。
ws画像

平成26年度 景観に関する市民アンケート

 景観計画策定の参考とするため、18歳以上の市民1000人と中学生1000人を対象にアンケートを行いました。

平成26年度 西条市景観ワークショップ

 市民との協働により、西条市の景観資源を把握し、その課題や方策を話し合うため、参加者35名により、計3回にわたって景観ワークショップを開催しました。

平成27年度 西条市景観ワークショップ

 昨年度に引き続き、参加者36名により、計3回にわたって景観ワークショップを開催します。昨年度の結果を踏まえ、景観計画区域、景観形成の方針について検討を行います。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)