ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 歴史・文化 > 史跡・旧跡・文化財 > 市之川鉱山 ~世界一の輝安鉱鉱山~ 

市之川鉱山 ~世界一の輝安鉱鉱山~ 

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月12日更新
 
市之川鉱山 ~世界一の輝安鉱鉱山~        市之川産輝安鉱      市之川鉱山 周辺地図

市之川鉱山について

市之川鉱山 センガコウ

市之川鉱山は現在閉山となっていますが、かつては国内最大級といわれた 輝安鉱鉱山で、現在の西条市市之川地区にあった鉱山です。 

明治8年(1875年)から昭和32年(1957年)までの間に、精鉱量(※1)36,700トン、アンチモン量19,000トンを産出しており、なかでも明治15年(1882年)から同30年(1897年)にかけては、国内のアンチモン年生産量(1,000~2,500トン)の約半分を産出しました。
また、歴史的にも古い鉱山で、江戸時代の初期からその存在を知られていました。

さらに「続日本紀」には698年伊豫国からシロメおよびスズカネを朝廷に献上したことが記されています。シロメとはアンチモンのことを指し、伊豫国とは市之川鉱山のことではないかと想像されますが、証明するものがないため断定はできません。

(※1)精鉱とは、鉱石中の不純物を除去し、製錬に適するように品位を高めた鉱石のこと。

市之川鉱山 豆知識 [PDFファイル/1.72MB]

お問い合わせ

市之川公民館
〒793-0037 愛媛県西条市市之川6678-1
TEL 0897-56-3300  FAX 0897-56-3300


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)