ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


水道の使用・各種届け出について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月16日更新

水道について

 上水道や簡易水道から水道を新設したいときや、休止もしくは廃止、休止していた水道を再開したいときは届け出が必要です。また、水道の名義変更や用途変更の場合、給水装置の変更(改造)のときにも届け出が必要です。
 ただし、旧西条市の中心部など、地下水等を利用している方は、水道の届け出は必要ありません。アパートなどで、どちらかわからない場合は、大家さんに確認するか、本庁水道業務課 水道料金係もしくは各総合支所建設管理課 水道係でご確認ください。
 
◎手続きをしたり、問い合わせをしたりする場合、その内容や水道の設置場所(地区)によって、申請書等の提出先・連絡先が異なります

水道の届け出

アパートの入居・転居、中古住宅の購入などで、水道の使用者が変わるとき

  • 転居して、アパートや借家などに入居されるとき
  • 転居して、アパートや借家などを出られるとき
  • 中古住宅の購入などで、水道の使用者や所有者が変わるとき

水道使用者名義変更の届け出をしてください。

 ポンプくみ上げなどで、地下水利用地区の場合は必要ありません。

早めに、担当窓口までお越しいただくか、電話で名義変更手続きをしてください。
(電話では、受付できない場合もあります。その際は担当窓口までお越しください)

手続きに必要な内容

  • お客様番号(通知書番号) 検針時のお知らせなどにあります。不明なときは結構です。
  • 水道を使用する場所(使用していた場所)
  • ご住所(現住所)
  • お名前(水道の使用者名義人)
  • 電話番号(携帯電話で可)
  • 使用をはじめる日(もしくは使用をやめる日)
  • 転居先のご住所
  • 転居先の電話番号(携帯電話で可)

水道の使用を休止するとき、または休止していた水道の使用を再開するとき

  • 水道の使用を休止するとき
  • 休止していた水道の使用を再開するとき

「水道使用届〔新設・再開・休止・廃止〕」を担当窓口に提出してください。

  • 再開する場合は、再開手数料・再設加入金がかかります。(消費税含む)
    2年以下は5,141円
    2年を超えるものは再設加入金として20,570円となります。
  • 再開の場合、メーター設置が必要ですので、使用する3日前までにはお越しください。

提出のときに必要なもの

  • お客様番号(通知書番号) 検針時のお知らせなどにあります。不明な時は結構です。
  • 水道の使用場所
  • ご住所(現住所)
  • お名前(水道の使用者名義人)
  • 電話番号(携帯電話で可)
  • 使用を休止する日(もしくは使用を再開する日)
  • 印鑑

水道の用途を変更するとき

「給水装置口径(用途)変更届」を担当窓口に提出してください。

提出のときに必要なもの

  • お客様番号(通知書番号) 検針時のお知らせなどにあります。不明なときは結構です。
  • 水道の使用場所
  • ご住所(現住所)
  • お名前(水道の使用者名義人)
  • 電話番号(携帯電話で可)
  • 用途を変更する日
  • 印鑑

家屋の新築などで水道の使用をはじめるとき

「水道使用届〔新設・再開・休止・廃止〕」および「給水装置工事申請書 新設・改造」

市指定給水装置工事事業者から提出してください。

工事費とは別に、新設加入金・設計審査手数料・工事検査手数料が必要です。

新設加入金(消費税含む)

口径13mm25,920円 
口径20mm50,760円 
口径25mm96,120円 
口径30mm178,200円 
口径40mm308,880円 
口径50mm572,400円 
口径75mm1,080,000円 
口径100mm2,160,000円 

    ※口径100mmを超えるものは、市長が別に定める。

    家屋の取り壊しなどで水道の使用をやめるとき

    「水道使用届〔新設・再開・休止・廃止〕」および「廃止状況調書」

    市指定給水装置工事事業者から提出してください。

    水道の給水装置を変更(改造)するとき

    「給水装置工事申請書 新設・改造」「給水装置口径(用途)変更届」(口径変更を伴う場合のみ)

    市指定給水装置工事事業者から提出してください。

    工事費とは別に、設計審査手数料・工事検査手数料が必要です。
    また、増口径変更の場合は、加入金(口径の差額分)が必要となります。