ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 総務課 > 統計登録調査員を募集しています

本文

統計登録調査員を募集しています

ページID:0074521 更新日:2022年8月12日更新 印刷ページ表示

あなたも統計調査員の登録をしませんか

 統計登録調査員の募集ちらし 統計登録調査員の募集ちらし 内容

統計登録調査員募集ちらし [PDFファイル/878KB]

 市では、国が実施する「国勢調査」をはじめとする各種統計調査において、調査票の配布・回収・点検などをしていただく「統計調査員」の登録を随時募集しています。
 年に数回、統計調査が実施される際に、あらかじめ登録していただいている方の中から、実施の時期や地区などを相談の上、依頼させていただきます。
 年間を通じて常に仕事があるわけではありませんが、調査日程に基づき、期間内に責任をもって担当する業務をご自分で計画して進めていただくため、家事やお仕事をされている方でも、空いた時間を活用し活動が可能です。(調査対象が不在のなどの場合、休日や夜間に訪問が必要な場合もあります。)

統計調査とは?(公的統計)

 国や地方公共団体が「統計法」に基づいて行う統計で、行政利用だけではなく、社会全体で利用される情報基盤として位置づけられています。
 その結果は、「少子高齢化」「雇用形態の多様化」「地域間の格差」「消費行動の変化」など社会経済の現状認識や将来予測等の基礎となるデータとして、幅広い分野で活用されます。

 <統計調査の種類>
 ・国勢調査(全居住者対象)
 ・経済センサス基礎調査(企業・事業所)
 ・経済センサス活動調査(企業・事業所)
 ・農林業センサス(農家・林家)
 ・全国家計構造調査(抽出世帯数世帯) など

 R4年実施の統計調査
 〇就業構造基本調査(10月1日)
 〇住宅・土地統計調査(単位区設定)(2月1日)

 ※その他愛媛県が担当の調査もあります。

統計調査員の仕事

調査対象の世帯や事業所を訪問し、調査票の記入依頼や調査票の取集・点検を行うなど、統計調査の中でも基本的で重要な役割です。

(1) 事務打合せ会(説明会)への出席
(2) 担当調査区の範囲と調査対象の確認
(3) 調査票の配布と記入依頼
(4) 調査票の回収と点検
(5) 調査票の提出 

登録のための要件

・ 原則として満20歳以上の民間人で、統計調査の業務に理解と熱意を有し、責任を持って調査員事務を遂行できる方
・ 調査で知り得たことなどの秘密の保持ができる方
・ 税務、警察および選挙に直接関係のない方(調査対象と利害関係がない方)
・ 興信所等に勤務していない方
・ 暴力団員その他の反社会的勢力に該当しない方
・ その他、調査活動に支障のない方

統計調査員の身分

・ 調査実施の都度、県知事等から統計調査員に任命され、非常勤の公務員となります。期間はおおよそ2か月程度です。
・ ただし、職務の特殊性から、一般の公務員とは異なった取扱いがされており、 たとえば、営利事業の従事制限はありません。
・ 任命期間の調査活動中に事故に遭われた場合は公務災害補償が適用されます。
・ 統計法で秘密の保護が義務付けられており、秘密を漏えいした場合などには罰則が適用されるとこととなります。

統計調査員の報酬

 国の基準による報酬が支払われます。
(調査の種類、受け持ち件数等により異なります。1調査あたり、おおむね3万から6万円程度)
 例:国勢調査1調査区担当 約39,000円(R2年実績)

 調査員名簿への登録

 登録された方には、調査実施の2ヶ月程度前に電話等で仕事の内容をお伝えし、ご都合等をお伺いします。
 なお、統計調査は、年によって違い、従事する調査員の人数も統計ごとに違いますので、ご希望に沿えない場合もあります。

 応募方法

 随時受け付けていますので、関心をお持ちの方は、お気軽に電話でお問い合わせください。
 ご都合の良いときに簡単な面接を行い、統計調査員登録カードに記入していただきます。
 調査員申込書 [PDFファイル/111KB]

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめイベント