ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行政改革 > 行政改革 > 市内公共施設の耐震化状況をお知らせします

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


市内公共施設の耐震化状況をお知らせします

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月9日更新

市内公共施設の耐震化状況をお知らせします

西条市では、「西条市耐震改修に係る基本方針」に基づき、
(1)「建築物の耐震改修の促進に関する法律」により、特に耐震改修に取り組むべき建物として指定された「特定建築物」
(2)災害時の応急・復旧対策の拠点となる建物
(3)災害時、避難が難しい要援護者が利用する建物
(4)災害発生後、避難者の受け入れ施設となる建物(避難所)
について、優先的に耐震化を図ってまいりましたが、市民の方々へ、近隣の公共施設の状況を把握していただくため、平成29年度末の耐震化状況をお知らせします。

分類棟数新耐震基準旧耐震基準旧耐震基準のうち改修済今後、耐震改修が必要な施設(C-D)主な施設
学校教育系施設10101ウイングサポートセンター
行政系施設73440市役所庁舎など
公営住宅2524110市営住宅
子育て支援施設1510514保育所など
産業系施設20202産業情報支援センター
市民文化系施設64202文化会館など
社会教育系施設66000図書館など
スポーツ・レクリエーション系施設1411312体育館など
病院施設32110市立周桑病院
保健・福祉施設117422福祉センターなど
合   計90(A)67(B)23(C)10(D)13(C-D)耐震化率((B+D)÷A):85.56%

詳細は耐震化状況一覧表をご覧ください。

耐震化状況一覧表 [PDFファイル/46KB]

なお、「小・中学校」「幼稚園」「公民館」の耐震化状況については、教育総務課ホームページ内でお知らせしておりますので、そちらでご確認ください。 

※新耐震基準とは
建築基準法で定められた、建物の地震に対する構造のことをいい、現行の基準(新耐震基準)は昭和56年6月1日に施行されました。この基準の建物は大規模地震(震度6強程度)に対して、構造体に損傷が生じても倒壊することなく、人命に被害が出ないようにすることを基本に設計されています。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)