ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 雇用・労働支援 > 東予高校生が「高校生ものづくりコンテスト全国大会」で優勝!

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


東予高校生が「高校生ものづくりコンテスト全国大会」で優勝!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月4日更新

全国大会優勝! 旋盤作業部門 丹下快晴さん(機械科2年)

 11月16日(土曜日)~17日(日曜日)、大阪府摂津市で行われた「第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会」旋盤作業部門において、東予高等学校 機械科2年 丹下快晴さんが見事優勝しました。

 この競技は、事前に発表された製作図面に基づき、旋盤という工作機械を操作して金属を削り、3種類の部品を製作します。出来上がった部品の100分の1ミリメートル単位の寸法精度、仕上げ面のあらさ、ねじの精度、完成度などで得点を競います。制限時間は2時間30分で、各地区の代表選手10名が出場し、熱戦が繰り広げられました。

 学校では、快晴さんは機械部に所属し、毎日練習に取り組んできました。納得ができる作品を目指して、日々の課題や解決策を練習日誌に書き出し、技術・技能の向上に励んできました。「旋盤の面白さは、やってもやっても新たな課題が見つかり、終わりが無いこと。」と快晴さんは語っています。

 作業の様子 作業の様子