ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 企業・経営・中小企業支援 > 新たに1名の起業家を「地域おこし協力隊」として委嘱し、起業家10名が揃いました。

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


新たに1名の起業家を「地域おこし協力隊」として委嘱し、起業家10名が揃いました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月6日更新

 西条市では、総務省の「地域おこし協力隊制度」を中国・四国では初めて起業支援に特化した制度として活用し、起業家育成による新産業創出と交流人口拡大、移住・定住促進を目的とした「ローカルベンチャー誘致・育成事業」に取り組んでいます。

 この度、本事業で立ち上げた7つのプロジェクトのうち「Fun to Farm プロジェクト」に山中 康寛(やまなか やすひろ)さんが着任しましたので、就任式を開催しました。

 就任式では、市長から委嘱状が手渡され、山中さんから今後の活動への意気込みが語られました。

 山中さんの就任により、起業家10名が揃いました。
 起業家たちは、地域資源等を活用したそれぞれのプロジェクトで新しい産業のタネを芽吹かせ、起業実現と定住を目指します。今後の活躍にご注目ください。


【プロジェクト内容】
プロジェクト名:Fun to Farm プロジェクト
プロジェクトの概要:ITと微生物を利用した次世代農食体験の提案

就任式写真1
就任式写真2