ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 接骨院・整骨院にかかる前に確認しましょう

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


接骨院・整骨院にかかる前に確認しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

接骨院・整骨院にかかる前に確認しましょう

 接骨院や整骨院での柔道整復師による施術は、保険医療の対象になる場合と対象外の場合があります。主に打撲やねんざなどは対象となり、単に肉体疲労や肩こりなどは全額自己負担となります。
 施術前にしっかりと確認することが大切です。

保険医療の対象となる場合

  • 医師や柔道整復師により、骨折、脱臼、打撲およびねんざ等と診断または判断され、施術を受けたとき。
    (骨折および脱臼については、応急手当てをする場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要です)

保険医療の対象とならない場合

  • 日常生活での疲れや肩凝り
  • スポーツ等による肉体疲労
  • 脳疾患後遺症等の慢性病
  • 神経痛(リウマチ・慢性関節炎)
  • 加齢による腰痛や五十肩等
  • 漠然とした施術
  • 交通事故や業務上の負傷 など

施術を受ける時の注意事項

  • 健康保険等の対象にならない場合もありますので、負傷原因(いつ・どこで・何をして・どんな症状か)は正確に伝えましょう。
  • 施術が長期にわたる場合は、内科的原因も考えられますので医師の診断を受けましょう。
  • 療養費支給申請書の内容(負傷原因・負傷名・日数・金額)をよく確認して必ず自分で自署(サイン)をしましょう。
  • 領収書は医療費控除を受ける際にも必要になりますので必ず受け取り、領収書と医療費通知の金額や日数などが同じか確認をしてください。