ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


やめよう!「ながら運転」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月8日更新

 運転中にスマートフォンやカーナビ等を注視・操作する「ながら運転」による交通事故が増加しており、大きな問題となっています。

 平成30年中の携帯電話使用等に係る交通事故件数は、2,790件と過去5年間で約1.4倍に増加しており、その中でもカーナビ等を注視中の事故が多く発生しています。また、携帯電話等使用時の交通死亡事故率(死傷事故に占める死亡事故の割合)は、使用していない時と比較すると約2.1倍高くなるといわれています。

 このように、「ながら運転」による交通死亡事故の割合が増加傾向にあることから道路交通法が改正され、令和元年12月1日から、携帯電話使用等に関する罰則が強化され、反則金の額や違反点数も引き上げられることとなりました。

 運転しながらのスマートフォン、カーナビ等の注視・操作は、画面に意識が集中してしまい、周囲の危険を発見することができず、歩行者や他の車に衝突するなど、重大な交通事故につながる極めて危険な行為ですので、絶対にやめましょう。

 携帯電話等の機器は、安全な場所に停車してから使うようにしましょう。 

ながら運転罰則強化チラシ [PDFファイル/1.92MB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)