ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・危機管理 > 西条市の取り組み > 愛媛県と「大規模災害発生時における広域防災拠点に関する協定」を締結

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


愛媛県と「大規模災害発生時における広域防災拠点に関する協定」を締結

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

愛媛県と「大規模災害発生時における広域防災拠点に関する協定」を締結しました

     平成26年10月2日、愛媛県と上記協定を締結しました。
     この協定は、県内で県外等からの応援を必要とする規模の災害が発生した際に、救命・救助活動等に従事する自衛隊等の広域支援部隊を速やかに参集させるとともに、国などから提供される支援物資を効果的に集積・保管・搬送するため、広域的な防災拠点を確保することを目的としています。
     市内では、石鎚山ハイウェイオアシス・小松中央公園が本年3月28日、拠点に選定されています。松山市内ホテルで開催された協定調印式には、県内で同じく広域防災拠点に指定された9市町・2事務組合と愛媛県知事が出席し、協定への調印が行われました。
     中村県知事は「各市町とはチーム愛媛で連携しながら大規模災害への備えを進めているが、今回の協定でなお一層促進されると期待している」と述べられました。

    協定調印式の写真