ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・危機管理 > 防災の知識・情報 > 弾道ミサイル発射情報入手時は落ち着いて行動してください

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


弾道ミサイル発射情報入手時は落ち着いて行動してください

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月9日更新

Jアラート(全国瞬時警報システム)からの連絡を防災行政無線の放送や携帯電話のメールで受けた場合の対処法について

近隣諸国からの飛翔体の発射が心配されております。ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合は、Jアラートを通じて国からの防災行政無線や携帯電話のメールでお知らせします。その際は、落ち着いて行動してください。

1 ミサイル発射情報・避難の呼びかけ

放送例:「発射情報。発射情報。〇〇からミサイルが発射された模様です。建物の中、又は地下に避難してください。」 

弾道ミサイルが日本に飛来する可能があると判断された場合に、まず、弾道ミサイルが発射されたという情報と 屋内避難の呼びかけがあります。 その際には、落ち着いて、直ちに次の行動をしてください。 

【屋外にいる場合】できる限り、建物の中に避難してください。

【近くに建物がない場合】物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。 

【屋内にいる場合】窓から離れるか、窓のない部屋に移動してください。

↓より詳しい情報はこちらでご確認ください。

弾道ミサイル落下時の行動について(内閣官房「国民ポータルサイト)

http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/index.html

2 直ちに避難することの呼びかけ

放送例:「直ちに避難。直ちに避難。直ちに建物の中、又は地下に避難してください。ミサイルが落下する可能性があります。直ちに避難してください。」

この放送があった場合は、次の落下推定情報が流れるまで、建物の中に入る等避難行動を続けてください。

※日本の領土・領海にミサイル落下の可能性が無い場合は、ミサイルの「通過情報」かミサイルが日本の領  海外の海域に落下したことを伝える「落下推定情報」が放送されます。「通過情報」または「落下推定情報」があれば避難行動を解いてください。

3 落下推定情報

放送例:「ミサイル落下。ミサイル落下。ミサイルが〇〇地方に落下した可能性があります。続報を伝達しますので、引き続き屋内に避難してください。」

続報を待つか、テレビやラジオで情報を収集して安全性を確認してから通常の行動に戻ってください。

↓詳しくは、以下のリンク先をご確認ください。

・内閣官房「国民保護ポータルサイト」  http://www.kokuminhogo.go.jp/


・西条市公式YouTube「弾道ミサイル発射情報入手時は落ち着いて行動を」 https://youtu.be/S4HeR16z528