ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


伊予の三湯 本谷温泉館の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月28日更新

 伊予温湯 露天風呂 

【臨時休館中】 本谷温泉館は令和3年1月の営業再開に向けて準備中です

 伊予の三湯「本谷温泉館」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 本谷温泉館は、全国的に感染拡大している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響等で令和2年4月1日から臨時休館していましたが、令和2年10月臨時市議会の議決を経て、新たな本谷温泉館指定管理者(株式会社ありがとうサービス)が決定しましたので、令和3年1月からの営業再開に向けて準備を進めています。

 営業再開日など詳細が決定しましたら、当ホームページ、市広報紙等でご案内いたします。

 再開を楽しみにされているお客様をはじめ関係各位には、多大なるご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 本谷温泉館指定管理者決定のページ

臨時休館期間

令和2年4月1日(水曜日)~当面の間(令和3年1月に営業再開予定)

お問い合わせ先

産業経済部観光振興課 施設経営係 電話0897-52-1684

伊予の三湯 本谷温泉館

 本谷温泉は、松山の道後温泉、今治の鈍川温泉と並び「伊予の三湯」と称され、第34代舒明天皇や第37第斉明天皇がご入浴されたと伝わる由緒ある温泉です。

 温泉館は緑豊かな山腹に位置し、近くには清流が流れ、日本庭園を思わせる本谷公園も隣接しており、日帰り入浴はもちろん、宿泊も可能です。

 どの世代にも優しい泉質の、良質なアルカリ性天然温泉をお楽しみください。

温泉館の魅力

 本谷温泉館は、「伊予の三湯」と呼ばれるにふさわしく、温泉と周辺の歴史が感じられる工夫を取り入れています。大自然にみちた空間で、古代に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

石湯(いわゆ)
石湯

伊予温湯(いよのゆ)
伊予温湯

本谷温泉をめぐる郷土の古代史
本谷温泉をめぐる郷土の古代史 [PDFファイル/2.35MB]

お問い合わせ先

産業経済部観光振興課 施設経営係 電話0897-52-1684


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)