ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


汚水ポンプ場

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月11日更新

 下水道で運ばれてきた汚水を途中でくみ上げて浄化センター(終末処理場)へ送る施設です。 

西条処理区

港新地真空ポンプ場  (港325番地地先)

 港新地地区は、旧堤防下に沿った地域です。自然流下方式による下水道では、堤防下4~6mの深さに本管の埋設が必要で、堤防を櫛の歯状に掘ることになるため、従来の工法では下水道整備が困難な状態にありました。このため、公共下水道としては、日本で初めての「真空式下水道システム」による下水道を整備し、平成3年度から一部供用開始しております。

総事業費:2億7,000万円  供用面積:12ha  処理戸数:215戸  処理人口:630人

港新地真空ポンプ場 処理区域:12ha

港新地真空ポンプ場 真空ポンプ場

飯岡ポンプ場  (飯岡4020番地)

 飯岡中部地区の汚水を東部幹線で集水し、本ポンプ場で浪多川を越え西条浄化センターへ送るため整備しました。

飯岡処理場

東予・丹原処理区

本河原汚水中継ポンプ場   (三津屋220-2番地)

 壬生川地区、国安地区、三芳地区の汚水を中央2号幹線で集水し、本ポンプ場で大曲川を越え東予・丹原浄化センターへ送るため整備しました。

本河原汚水中継ポンプ場

マンホールポンプ場

 低い地域の汚水を処理場へ送るため、西条処理区で57箇所、東予・丹原処理区で12箇所のマンホールポンプ場を整備しています(平成30年3月31日現在)。

西条処理区 沢マンホールポンプ場

沢マンホールポンプ場

東予・丹原処理区 高木橋マンホールポンプ場

高木橋マンホールポンプ場