ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > スポーツ > スポーツ > 石鎚クライミングパークSAIJO施設概要

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


石鎚クライミングパークSAIJO施設概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月9日更新

概要

 石鎚クライミングパークSAIJOは、ロープを用いてウォール(人工壁)を登った高さを競うリード種目と、ロープを使わずウォール(人工壁)に設置された多くの課題をこなしてゴールに到達できるかを競うボルダリング種目用の施設を備えています。

 屋外に建設したリード競技場(写真左)には、愛媛県内最大級・高さ15mの角度可変式の壁を2基備え、ボルダリング競技場(右)は、建物の中に幅20mの壁を設置しています。

 この施設は2017年開催の「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」の山岳競技会場として使用されました。

クライミングパーク

休場日                          
  毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月3日まで)

開場時間9時~22時
  ※大会等で上記時間外を使用する場合は、ご相談ください。
  ※準備・片付け時間は使用時間に含まれます。

利用について

ご利用にあたっては、こちらのページをご覧ください。

 石鎚クライミングパークSAIJO 利用案内

詳細

 リード競技場

  リード   
      
規模:高さ15m×幅4m(2基)
仕様:角度可変式クライミングウォール(下部9m固定式/上部6m可動式)
角度変更用駆動装置:手巻きウィンチ式(可動角度95度~135度)

リード壁の屋根に描かれたロゴの意味は??

ロゴ  ロゴ

コンセプト

 石鎚山の街西条で、クライミングの楽しさ広がる!

ロゴに込めた思い

 多くの方に愛されるよう、クライミングの楽しさを感じさせるようにデザイン。
 文字はところどころホルダーのような形状にし、色と動きを付けて親しみがあるようにしました。クライミングを通じた夢が、ここから虹のように広がることを願って文字には7つの色を使っています。
 西条市民にとっても、石鎚のイラストがあることで「わたしたちのクライミングパーク」という意識になってもらいたいと思い、作成しました。

補足説明

 国内最大級の当リード競技場の屋根に配された、施設のシンボル的なロゴ。
 ウォールの上部、南側(選手から見ると左側)には石鎚山が真正面に見えるため石鎚のイラストを大きく配置しています。併設のボルダリング競技場は基本的に誰でも利用できるため、子どもから大人まで多数の方に来ていただきたく、元気で親しみあふれるデザインとしました。

 

 ボルダリング競技場

ボルダリング競技場内には「ボルダリングルーム」と「アイソレーションルーム」があります。
ボルダリング配置図

ボルダリングルーム

  ボルダリングルーム写真 

規模:幅24.4m×奥行8.7m
仕様:多角面ボルダリングウォール 高さ4.5m×幅20m(1基)
ボルダリングマット:厚さ30cm

アイソレーションルーム

  アイソレーションルーム写真 

規模:幅12m×奥行11.4m
仕様:フラット面ボルダリングウォール
高さ2.7m×幅7m(1基) 高さ2.7m×幅5m(1基) 

アクセス

〒793-0072 西条市氷見乙608番地 西条西部公園内

【お問い合わせ】
西条市スポーツコミュニティセンター  電話:0897-57-9383