ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当の受給について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

児童手当の受給について

 児童手当制度は、児童を養育している方に手当を支給することにより、家庭などにおける生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。
※平成24年4月から「子ども手当」は「児童手当」に変わりました。

受給者(請求者)

 児童手当の受給者(請求者)は、支給対象児童を監護し、かつ、生計を同一にする父または母などで、国内に住所を有する方です。原則として、児童を監護している父母のうちで恒常的に所得の多い方が受給者(請求者)となります。
※公務員の方は、勤務先からの支給となります。
※単身赴任をしている方が支給対象児童の主たる生計維持者である場合は、単身赴任をしている方が受給者となります(単身赴任先の市区町村で、児童手当の認定請求を行ってください)。
※児童養護施設などに入所している児童についての手当は、施設長等が受給者となります。
※父母が離婚協議中で別居中の場合、児童と同居している父または母が受給者となります。

支給対象となる児童

 国内に居住する0歳から15歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童です。ただし、留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります。
(注)児童手当認定請求書の児童欄へ記入していただく児童は、18歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童全てとなります。これは、第何子かによって、支給額が変わる場合があるためで、記入漏れがあると支給額に影響が出る場合がありますので、ご注意ください。

支給額(1人あたり月額)

0歳~3歳未満15,000円
3歳以上小学校修了前(第1子、第2子)10,000円
3歳以上小学校修了前(第3子以降)15,000円
中学生10,000円
所得制限限度額を超えている方(0歳~中学生)5,000円

※第2子や第3子などの数え方は、18歳到達後の最初の3月31日までの間にある児童の人数で数えます。

(例)大学生から小学生までの児童4人世帯の場合
大学2年支給対象外で、第何子かを数える対象にもなりません。
高校3年(第1子)支給対象外ですが、第何子かを数える対象となります。
中学3年(第2子)支給対象 ⇒ 月額 10,000円
小学6年(第3子)支給対象 ⇒ 月額 15,000円

所得制限限度額
扶養親族等の数所得制限限度額(万円)収入額の目安(万円)
0人622.0833.3
1人660.0875.6
2人698.0917.8
3人736.0960.0
4人774.01002.1
5人812.01042.1

※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

支給時期

 6月、10月、2月に支給月前4カ月分を受給者名義の金融機関の口座へ振り込みます。

認定請求手続き

 出生や転入により新たに受給資格が発生した場合や、受給対象児童が増えた場合については、その事由が発生した日の翌日から15日以内に申請が必要となります。申請が遅れた月は児童手当を受給できない場合がありますのでご注意ください。

※平成28年1月から、児童手当の申請には、個人番号(マイナンバー)の記入及び本人確認が必要となりました。
申請手続きの際は、請求者および配偶者の個人番号がわかるもの(個人番号カード、通知カード等)と本人確認書類(運転免許証、パスポート等)をご持参ください。

手続きに必要なもの

  • 請求者(受給者)本人の健康保険被保険者証 (国民年金加入の方は不要です)
  • 請求者(受給者)本人名義の振込先口座がわかるもの(通帳またはキャッシュカード)
  • 認印(スタンプ印不可)
  • その他
    • 申請する年の1月1日(1月から5月までの月分を申請する場合は前年の1月1日)に西条市に住民登録が無い場合
      前住所地の市町村長が発行する、請求者の所得課税証明書
      ※配偶者が税法上請求者の扶養に入っていない場合には、配偶者の所得課税証明書も必要となります。
    • 請求者(受給者)と児童の住民票の住所が異なる場合
      別居監護申立書、別居する児童世帯全員の省略のない住民票(筆頭者・世帯主・続柄・マイナンバーの記載されたもの)
      ※別居する児童の住所が西条市内の場合は、住民票の添付は必要ありません。
    • 父母以外の方が児童を養育している場合
      生計維持申立書
    • 海外留学中の児童がいる場合
      …海外留学に関する申立書や留学先の学校における在学証明書等、留学事実を証明する書類
    • 離婚協議中で別居中の場合
      離婚協議中に関する申立書、離婚協議中であることが確認できる書類(離婚調停期日呼出状の写し、家庭裁判所における事件係属証明、離婚調停不成立証明書の写し など)
    • 父母が海外にいる場合
      父母指定者指定届(父母指定者に指定された方が児童の住所地の市町村へ提出します)
    • 未成年後見人の方が受給者となる場合
      …未成年後見人が記載されている対象児童の戸籍抄本

 

現況届

 児童手当を受けている方は、毎年6月に現況届の提出が必要となります。現況届に基づき、児童手当を引き続き受給する要件があるかどうかを確認します。現況届が必要な人には、6月上旬に通知を送付します。
 現況届を提出しない場合は、手当の支給が差し止めとなり、提出しないまま2年間経過すると、児童手当の受給権が消滅します。

その他

保育料や学校給食費等の徴収について

 児童手当では、市町村が児童手当から保育料や、学校給食費等を徴収できるという規定を設けています。

寄付制度について

 児童手当の全部または一部を市へ寄付することができます。寄付された児童手当は、子育て支援の事業のために活用します。

各種様式

クリックすると申請書ダウンロードページへ移動します

お問い合わせ

  • 西条市役所 保健福祉部 子育て支援課 子育て支援係
    電話:0897-52-1370(直通)
  • 東予総合支所 市民福祉課 福祉係
    電話:0898-64-2700(代表) 内線:145
  • 丹原総合支所 市民福祉課 市民福祉係
    電話:0898-68-7300(代表) 内線:210
  • 小松総合支所 市民福祉課 市民福祉係
    電話:0898-72-2111(代表) 内線:125