ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 消防本部予防課 > 古い規格の消火器が使えなくなります!

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


古い規格の消火器が使えなくなります!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月19日更新

消防法令に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物等(一般の住宅は義務ではありません)で型式が失効している消火器を継続的に設置できるのは2021年12月31日までです。2022年1月1日以降は、型式が失効した消火器は認められませんので、お気を付けください。

適応火災マークが文字で表示されているものや「設計標準使用期限」が記載されていない消火器は、型式が失効する消火器です。

認められなくなる消火器の見分け方

1 製造年が2012年以降のものは型式が失効する消火器ではありません。製造年が2011年以前のものについて、次の2の内容を確認してください。

2 下の図に示すとおり、適応火災の表示の文字が「普通・油・電気」と表示されていたら、型式が失効する認められなくなる消火器です。

 
消火器

旧表示

(認められなくなる)

旧表示

                          矢印

   絵で表示

新表示新表示

製造から10年を経過した消火器は「耐圧性能点検」が必要です。

設置が義務となる建物は、製造から10年を経過した消火器に対する「耐圧性能点検(水圧試験)」が義務付けられ、以降3年ごとの耐圧試験が必要です。

なお、消防法令等に基づいて設置が義務付けられている消火器については、耐圧性能点検を実施していても、型式が失効する消火器にあっては2021年12月31日までの交換する必要があります。

 

※ ガス消火器(二酸化炭素消火器・ハロン消火器)についても、旧型消火器は2021年12月31日までの交換が必要です!

消防法令等に基づいて設置されている旧規格消火器について [PDFファイル/841KB]

古い消火器を捨てようとする場合

関連リンク:古い消火器を捨てようとしていませんか


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)