ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市計画整備課 > 市道喜多川朔日市線と県道西条港線との交差点で信号機が稼働します

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


市道喜多川朔日市線と県道西条港線との交差点で信号機が稼働します

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月16日更新

道路の供用計画について

 市道喜多川朔日市線は、このたび令和3年6月16日(水)より、県道西条港線との交差点から東側へ約70mまでの区間を追加で供用することに伴い、横断歩道や右折レーンなどの区画線が設置され、交差点の信号機が稼働します。

 なお、本道路改良事業において、御殿前通りまでの残り整備区間については、令和3年8月頃から工事等に着手し、令和4年3月に市道喜多川朔日市線の全線開通を行う予定です。

道路の供用計画について

 

 【注意事項】

 現在、本路線は取付道路の東側が未整備の状態となっており、南側に位置する市道常盤巷1号線は道路幅員が4m以下の狭い箇所も存在するため、本路線が全線開通するまでの間、4トントラック車以上の車両などは通行できません。

 また、この市道常盤巷1号線は朝夕の通学時間帯に多くの小学生児童が登下校しているため、徐行や安全確認など十分なご配慮をお願いします。

 

周辺道路の通行制限について

 道路の供用に伴い、従来から県道へ接続していた道路(市道北浜南3号線、市道常盤巷1号線)の一部において、歩行者及び自転車など軽車両以外の車両は通り抜けができなくなります。県道西条港線への出入りに際しては、現場の案内看板も確認しながら、下図のとおり取付道路を経由して市道喜多川朔日市線をご利用ください。

 周辺道路の通行制限について