ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


周桑手すき和紙のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月1日更新

タイトル画像

タイトル

愛媛県西条市国安・石田地区は、西条市の西部、周桑平野に位置し、質の良い豊富な水と気候にも恵まれ、記録では19世紀の天保年間から手すき和紙が作られています。

西条市地図

昭和20年代中頃には最盛期を迎え、百軒以上の業者が存在し、地域住民の多くが、紙産業に従事していました。

現在は7軒の業者が百年を越える伝統を維持し、向上心とねばり強さを信条として、一枚一枚丹念に漉き上げています。

漉かれているのは、奉書紙(ほうしょがみ)、檀紙(だんし)、楮紙(こうぞがみ)、三・六判美術書画用紙、工芸紙など。檀紙は独特な玉がけ、吊干し、自然乾燥をし、奉書紙は現在では主に乾燥機によって乾燥し仕上げています。

この手すき和紙を、単に伝統産業として終わらせるのではなく、和紙が持つ独特な趣や味わいを大切にしていきたいものです。

今日も職人さんは、一枚一枚、和紙に心を漉き込んでいます。

現況 頑張る職人さん 手すき和紙体験 和紙ができるまで 語句集