ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


周桑手すき和紙のご案内 -語句集-

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月1日更新

現況 頑張る職人さん 手すき和紙体験 和紙ができるまで 語句集 

語句集

奉書紙(ほうしょがみ)

中世に越前地方(現在の福井県)から始まり、特に江戸時代に公用紙として盛んに使われた高級な楮(こうぞ)紙です。奉書(上意を奉じて侍臣らが下す命令文)に用いたことから奉書紙と呼ばれています。

皺(しわ)がなく純白で、きめの美しい紙で、室町時代頃から各地で漉(す)かれ、主に儀式用とされていました。現在は、式典用紙、包装用紙、懐紙、高級印刷用紙などに利用されています。

檀紙(だんし)

楮(こうぞ)を原料として作られたちりめん状の皺(しわ)を有する上質な和紙です。古くは檀(まゆみ)の樹皮で作られていたことから壇紙と呼ばれています。厚手で美しい白色が特徴で、古くは詩歌などを書くのに用いられ、幕末まで宮廷や幕府の御用紙として、現在では包み紙、祝儀、結納(ゆいのう)、お菓子の敷物などに利用されています。

折手本原紙(おりでほんげんし)

書道の折手本(折り本にした手本)などに利用されています。

三・六判(さぶろくばん)美術書画用紙

全国的にも珍しい畳ほどの大きさ(約94cm×188cm)で、水墨画などの美術用紙に利用されています。

楮(こうぞ)

クワ科の落葉低木で、成木は3メートル余りになります。葉は広卵形で雌雄同株。春に薄黄緑色の小花がつき、6月頃キイチゴに似た実が赤く熟します。

樹皮の繊維は太くて長く強靭なので、障子紙、表具洋紙、美術紙、奉書紙などの紙の原料として最も多く使用されています。また、栽培が容易で収量も多く毎年収穫でき繊維も取り出しやすいため、各地で広く栽培されています。