ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 企業・経営・中小企業支援 > 【新型コロナウイルス感染症関連】家賃支援給付金の申請について ※1月15日最終締切

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


【新型コロナウイルス感染症関連】家賃支援給付金の申請について ※1月15日最終締切

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月25日更新

5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金が支給されます。

制度の詳細については、下記のリンクより家賃支援給付金事務局ページをご覧ください。

「家賃支援給付金」事務局ホームページ

給付額

法人に最大600万円、個人事業者に最大300万円を支給。

【給付額の算定方法】

申請時の直近1ヵ月における支払賃料(月額) に基づき算定した給付額(月額)の6倍

 
 支払い賃料(月額)給付額(月額)
法人75万円以下支払賃料×2/3
75万円超50万円+〔支払賃料の75万円の超過分×1/3〕 ※ただし100万円(月額)が上限
個人事業主37.5万円以下支払賃料×2/3
37.5万円超25万円+〔支払賃料の37.5万円の超過分×1/3〕 ※ただし50万円(月額)が上限

支給対象

1 資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者※

※医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人も幅広く対象。

2 5月~12月の売上高について、 1ヵ月で前年同月比50%以上減少 または、連続する3ヵ月の合計で前年同期比30%以上減少

3 自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払い

申請要領、申請方法

【申請要領】

申請要領(中小法人等向け)原則(基本編) 申請要領(中小法人等向け)別冊 

申請要領(個人事業者等向け)原則(基本編) 申請要領(個人事業者等向け)別冊

【申請方法】

原則、ウェブ申請となります。

「家賃支援給付金」事務局ホームページ

【申請期間】

令和2年7月14日(火)~令和3年1月15日(金)

申請サポート会場について

電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行います。

(1)事前に来訪予約が必要です

感染拡大を避けるため、申請サポート会場の利用には「来訪予約」が必要です。

(2)申請補助シートをご持参ください

事前準備として申請に必要な情報を「申請補助シート」に記入して当日ご持参ください。

中小法人等(申請補助シート)   個人事業者等(申請補助シート)

(3)必要書類をご準備、ご持参ください

申請時に提出が必要な書類を必ずご持参ください。

また、当日はコロナ対策のため、ボールペン等の筆記用具をお持ちください。

 

【西条会場閉設のご案内】(9月23日追加)

西条会場は9月21日をもって閉設されました。

サポート会場での申請を希望される方は、ほかの会場のご利用をお願いします。開催場所一覧

 

【事前予約について】

(1)Web予約

「家賃支援給付金」の事務局ホームページよりご予約ください。

(2)電話予約

0120-150-413

受付時間:平日、土日祝日ともに9時~18時

制度に関する問い合わせ

家賃支援給付金 コールセンター 0120-653-930 (平日・土日祝日8時30分~19時00分) 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)