ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農水振興課 > コイヘルペスウイルス病まん延防止のためコイの移動制限を継続しています

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


コイヘルペスウイルス病まん延防止のためコイの移動制限を継続しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月8日更新

コイの持ち出し・移動を制限しています

 馬渕川・サラサラ川水系において、昨年に続き今年もコイヘルペスウイルス病が確認されました。
 西条市では、「コイヘルペスウイルス(KHV)病」のまん延防止のため、次の水域をコイの持ち出しを制限する水域に指定し、現在も継続しています。

  • 御舟川水系全域、新町川水系全域および新川水系全域(平成17年7月~)
  • 大曲川水系全域および新川水系全域(平成18年9月~)
  • 西条市北条1407番1地先の遊水池並びに崩口川水系全域および一ツ橋川水系全域(平成18年11月~)
  • 渦井川水系全域(平成24年8月~)

人体に影響はありませんが、コイを守るため感染防止にご協力ください

 「コイヘルペスウイルス病」は人に感染することはないため、仮に感染したコイを食べても人体に影響はありません。
 しかし、この病気がまん延すると、マゴイやニシキゴイに大きな被害をもたらす可能性があります。市民の皆さんにはこの病気に対する正しい理解と、感染防止にご協力をお願いします。

コイヘルペスウイルス病とは

  • 原因:春から秋の水温が18℃~25℃のころに、コイヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスによって発病し、マゴイとニシキゴイのみが感染します。
  • 症状:行動が緩慢になり餌を食べなくなりますが、目立った外部症状は少なく、死亡率が高い病気です。
  • 感染経路:「コイヘルペスウイルス病」に感染したコイとの接触や水を介して感染します。
  • 治療法:現在のところ治療法は確立していません。

感染防止のため、次のことにご協力ください

  • 家庭で飼育しているコイ(マゴイ、ニシキゴイ)が死んだ時は、水路や河川に捨てたりしないでください。
  • 河川やため池などで釣ったり捕まえたコイを、他の河川やため池に放さないでください。
  • お店で買ったコイを、河川やため池などへ放さないでください。
  • 河川やため池などでコイが死んでいるのを見つけた場合は、速やかに下記の連絡先にお知らせください。

コイヘルペスウイルス病に関する連絡、お問い合わせ

西条市役所 農林水産部 農業水産課
電話:0897-52-1513