ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ・テーマ > 子育て・教育 > 【新型コロナ関連】子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


【新型コロナ関連】子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月24日更新

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得のひとり親世帯の子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、給付金が支給されます。

1. 支給対象者

以下(1)~(3)のいずれかに該当する方(児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります。)


(1)令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けている方 (申請不要) 


  ※ 令和3年3月31日までに児童扶養手当の資格を喪失した場合は、支給の対象となりません。

  ※ 支給については、5月12日(水曜日)に児童扶養手当で指定している口座に振り込みを終了しています。

 

(2)公的年金給付等の受給により、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けていない方 (申請必要)

  ※ 公的年金給付等とは遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償等です。
  ※ 既に児童扶養手当受給資格者として認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和3年4月分の児童扶養手当の支給が全額または一部停止されたと推測される方も対象となります。 
  ※ 公的年金給付等を受給していても、児童扶養手当に係る支給制限限度額を上回る場合は支給対象となりません。

 

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が、児童扶養手当を受給している方と同じ水準になっている方 (申請必要)

 >>>児童扶養手当の支給制限限度額

2. 支給額

児童1人当たり一律 5万円

3. 申請方法

※支給対象者(2)(3)に該当する方は申請が必要です。

申請期限:令和4年2月28日(月曜日)
※早めの申請をお願いします。

(1)公的年金等受給者

手続きに必要なもの

 
必要なもの備考
印鑑スタンプ印不可
身分証明書運転免許証など
通帳本人名義に限る
戸籍謄本※※必要な方のみ
年金額が分かる書類令和元年度と令和2年度の年金額が分かる書類
課税証明書(R元年度分)※※必要な方のみ
令和3年4月以降の給与明細書等※

※申請者の状況によって手続きに必要なものが異なります。
※その他必要に応じて提出をお願いする場合があります。

請求書 [Excelファイル/108KB]

年金受給者 [Excelファイル/130KB]

年金受給者所得 [Excelファイル/113KB]

△ページ先頭に戻る

(2)家計急変者

手続きに必要なもの

 
必要なもの備考
印鑑スタンプ印不可
身分証明書運転免許証など
通帳本人名義に限る
戸籍謄本※※必要な方のみ
年金額が分かる書類※令和元年度、または令和2年度の年金額が分かる書類 ※年金受給者のみ
収入(所得)証明令和3年4月以降の給与明細書等

※申請者の状況によって手続きに必要なものが異なります。
※その他必要に応じて提出をお願いする場合があります。

請求書 [Excelファイル/108KB]

家計急変 [Excelファイル/128KB]

家計急変所得 [Excelファイル/113KB]

△ページ先頭に戻る

4. 申請先

本庁子育て支援課 または 各総合支所市民福祉課

児童扶養手当担当窓口で直接、手続きをしてください。

【連絡先】 本庁 子育て支援課 電話 0897-52-1370

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)コールセンター

厚生労働省が生活支援特別給付金に関するお問い合わせに対応するため、コールセンターを設置しています。

厚生労働省コールセンター

電話 0120-400-903

受付時間 平日9時~18時(土、日、祝日除く)

関連情報

子育て世帯生活支援特別給付金について(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

△ページ先頭に戻る