ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 入札・契約情報 > 建設工事・委託業務 > 主任技術者、現場代理人に係る特例措置について

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


主任技術者、現場代理人に係る特例措置について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月23日更新

 平成27年4月1日より主任技術者、現場代理人に係る特例措置として専任および常駐の緩和を行ってきましたが、建設業法施行令の改正にあわせて、平成28年9月1日から特例措置の兼任に係る基準を以下のとおり改正しましたので、よろしくお願いします。なお、現場代理人の兼務件数については、従来どおり現場代理人1人につき3件までとします。

  1. 主任技術者の専任に係る緩和について(平成28年9月改正)
  2. 現場代理人の常駐に係る緩和について(平成28年9月改正)

  現場代理人(主任技術者)兼務関係書類(申請書ダウンロードへ)