ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 観光スポット > 博物館・資料館 > 【12月イベント情報】 鉄道歴史パーク in SAIJO

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


【12月イベント情報】 鉄道歴史パーク in SAIJO

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月2日更新

【年末年始の休館】 大晦日と元日は、四国鉄道文化館と十河信二記念館が休館します

令和2年は1月2日(木曜日)から開館します

 令和元年12月31日(火曜日)と令和2年1月1日(水曜・祝日)は、新年に向けた開館準備等のため、四国鉄道文化館と十河信二記念館が休館します。

 新年の開館は、1月2日(木曜日)からとなりますので、ご了承ください。

 観光情報案内、鉄道グッズ・特産品販売などを行っている観光交流センターは、年中無休で開館します。

 観光交流センターの紹介ページ(鉄道歴史パークのホームページへリンク)

 西条市観光物産協会のホームページ(観光交流センター指定管理事業者)

【12月15日】 ミニSL「芝くるり」クリスマストレイン乗車会

芝くるり写真

「芝くるり」は、南館広場(駅南広場)芝生周りのショートコースを走行する規模縮小版のミニSL乗車会です。

今回は、車両をクリスマスバージョンで彩る乗車会です。

日時

12月15日(日曜日) 10時~12時、13時~15時 ※雨天中止

※中止・順延の情報は、当日に鉄道歴史パークのホームページまたはフェイスブック等でお知らせします。

鉄道歴史パーク in SAIJOのホームページ

鉄道歴史パーク in SAIJOのフェイスブック

場所

四国鉄道文化館南館広場

料金

2周100円

※未就学児は、保護者の有料での同乗が必要です。

注意事項

※走行車両が少数のため、参加人数によっては、長時間お待ちいただく場合、人数制限をかけさせていただく場合があります。
※駐車場には限りがあり、大変混雑する場合があります。路上駐車や近隣店舗等への無断駐車は固くお断りします。

芝くるりの全体写真

※ 上記掲載の写真は、過去に開催した「芝くるり」の様子です。

【開催中~1月7日】 海を渡った新幹線「ヨーク鉄道博物館」パネル展

国立鉄道博物館に展示のグラッドストーンの画像

[写真]1882年LB&SCR社製B1クラス「グラッドストーン」

 当館と同編成の0系新幹線を展示するイギリス・ヨークの国立鉄道博物館を写真で紹介します。

期間

11月23日(土曜・祝日)~令和2年1月7日(火曜日)   9時~18時(入館は17時30分まで)

※水曜日は休館日。年末年始の12月31日(火曜日)~令和2年1月1日(水曜日)も休館します。

場所

四国鉄道文化館北館

料金

四国鉄道文化館の入館料が必要

【12月21日・22日】 クリスマスリースを作ろう!

クリスマスリース作成例の画像

 かわいく飾り付けをして、オリジナルのクリスマスリースを作ろう!

日時

12月21日(土曜日)、22日(日曜日) 10時~12時、14時~16時

場所

四国鉄道文化館南館

料金

四国鉄道文化館の入館料が必要

【12月8日】 紙芝居「十河信二伝」上演

紙芝居「十河信二伝」上演画像

西条市出身の漫画家・つだゆみさん原作の紙芝居「十河信二伝」の上演。
「新幹線生みの親」として知られる十河信二氏の偉業を、子どもたちにも分かりやすく楽しく読み聞かせてくれます。

日時

12月8日(日曜日) 13時30分上演

場所

四国鉄道文化館北館

料金

四国鉄道文化館の入館料が必要

協力

子育て支援グループ「つくしんぼの会」

【毎週土曜日開催】 ペーパークラフト教室

ペーパークラフトの画像

SLや新幹線など、ペーパークラフトでいろいろな列車を作ってみよう!

日時

毎週土曜日 14時~15時

場所

四国鉄道文化館南館

料金

四国鉄道文化館の入館料が必要

お問い合わせ先

鉄道歴史パーク in SAIJO「四国鉄道文化館北館・南館、十河信二記念館、観光交流センター」

電話:0897-47-3855(十河信二記念館)

開館時間 9時~18時(入館は17時30分まで)

休館日 水曜日(水曜日が祝日の場合は開館し、翌平日に休館)
※令和元年12月31日(火曜日)・令和2年1月1日(日曜日)は、四国鉄道文化館と十河信二記念館が休館します。
※観光交流センターは年中無休。

住所 〒793-0030 西条市大町798-1

鉄道歴史パーク in SAIJOのホームページ

観光交流センターのバナー