ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 人権擁護課 > 人権ホットメール2009年12月号

本文

人権ホットメール2009年12月号

ページID:0061799 更新日:2020年3月16日更新 印刷ページ表示

人権ホットメール毎月10日は人権を考える日です

2009年12月号

ハンセン病問題について

人権啓発劇ふるさとの主題歌歌詞

 この詩は、昨年「西条市差別をなくする市民の集い」で上演された人権啓発劇「ふるさと」の主題歌です。原作者で西条市出身の磯野常二さんが、ハンセン病療養所大島青松園の地でふるさとへの思い、母への思いを綴ったものです。
 ハンセン病とは、1873年にノルウェーのハンセン医師が発見した「らい菌」という細菌による感染病です。体の末梢神経がまひしたりするため感覚機能が犯され、痛みを感じなくなる後遺症が残ったりします。
 らい予防法が廃止されてから13年。今年はハンセン病療養所が開設されて100年になります。1943年にプロミンという特効薬が開発されて入所者はすべて治癒し、ハンセン病の感染源になる人はいなくなりました。身体の変形は後遺症によるものです。
 私たちはハンセン病を正しく理解し、無知・無関心が生む差別の恐ろしさに気付き、長年にわたる差別的政策により深く染み付いた偏見を排除し、回復者の方々が安心して生活ができる地域づくりを進めていきましょう。

西条市人権教育協議会
西条市教育委員会

お問い合わせ

西条市教育委員会 人権教育課 人権教育係
電話:0897-56-5151 内線:5242


おすすめイベント