ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 人権擁護課 > 人権ホットメール2009年7月号

本文

人権ホットメール2009年7月号

4 質の高い教育をみんなに
ページID:0061455 更新日:2020年3月10日更新 印刷ページ表示

人権ホットメール毎月10日は人権を考える日です

2009年7月号

あなたは一人ではない


地球のような青りんごのイラスト

 11年連続で自ら命を絶つ人が3万人を超える異常事態が続いています。
 この愛媛県でも昨年400人を超える人が亡くなっています。病気、貧しさ、老い、差別、愛されないこと等によって、多くの人が自ら命を絶っている中、自分になにができるかを自問しながら、いろいろな活動をしている人がいます。その方がこんなことを話しています。

 人の命の終わりである死を弔う僧侶であるからこそ、命を見つめ、苦悩し、死を前にして立ちすくんでいる人へ手をさしのべたい。それが私の役目だと思っています。
 生きることをあきらめた人が、この平和といわれる社会に多くいる。そして生きることをあきらめて死んだ者を囲み、あきらめきれない者たちが何時間も泣き続けている。
 生きている者は、どんなに追い込まれても、まだ生きる余地がありますが、死者はその時に残した叫びが全てです。私たちは生者よりも死者に、より多く学ぶものがありはしないだろうか・・。
 同じ死でも自死は、自ら選んだ死であるため、その中に強いメッセージが入っています。

  このように語る彼は、多くの人々にやすらぎを、と願って毎日午前零時に祈っています。「零時の祈り」と名付けています。
 「自死は肉体の痛みより心の痛みの方が大きい時におこります。苦しむ者を孤独にしてはなりません。今どこかで苦しんでいる者に、『あなたは一人ではない』と伝えよう。人と人とのつながり・絆があれば救われる命が必ずあります。」
 彼の訴えが、自死を考える多くの人々に届くことを願っています。

西条市人権教育協議会
西条市教育委員会

お問い合わせ

西条市教育委員会 人権教育課 人権教育係
電話:0897-56-5151 内線:5242


おすすめイベント