ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 人権擁護課 > 人権ホットメール2008年12月号

本文

人権ホットメール2008年12月号

ページID:0061448 更新日:2020年3月10日更新 印刷ページ表示

人権ホットメール毎月10日は人権を考える日です

2008年12月号

児童虐待について


親子の雪だるまのイラスト

 子どものために、しつけのためにとして行われる保護者等の行為が、子どもの命を奪ったり、将来にわたり心に深い傷を残したりすることがあります。子どもにとって有害な行為は虐待です。平成12年に成立した「児童虐待の防止等に関する法律」のなかで「児童虐待は著しい人権侵害である」と明記されています

 

 

1 児童虐待とは

身体的虐待殴る、蹴る、溺れさせる、異物を飲ませる、戸外に締め出すなど。
性的虐待性的いたずら、ポルノグラフィーの被写体などを子どもに強要するなど。
心理的虐待言葉によるおどし、脅迫、無視、きょうだい間の差別的な扱いなど。
ネグレクト
(育児放棄・怠慢)
病気やケガのとき病院に連れて行かない、食事を与えない、不潔なままにするなど。

2 虐待が疑われる子どもの特徴

・不自然な外傷(タバコ跡など) ・表情が乏しい ・落ち着きが無く、他者に攻撃的 ・頭を壁に打ち付けたりするなど自虐的行為 ・髪の毛や服装などが極端に不潔 ・食事に対して異常な執着 ・必要な医療ケアがなされていない  …等

3 子どもたちの命と人権を守るために ~通告義務~

 地域、保育所、学校等で虐待を受けたと思われる児童を発見した場合には、児童相談所・福祉事務所に通告することが法律で義務付けられています。

 児童虐待につながる要因としては、保護者の育児不安や、経済的困難、家庭不和、地域からの孤立など様々な要因が考えられます。私たちは、子どもたちの成長を温かく見守るとともに、地域が支え合い、繋がりあうことを通して不安や悩みを分かち合える地域づくりを進めていきたいと思います。


西条市人権教育協議会
西条市教育委員会

お問い合わせ西条市教育委員会 人権教育課 人権教育係
電話:0897-56-5151 内線:5242


おすすめイベント