ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 人権擁護課 > 人権ホットメール2008年3月号

本文

人権ホットメール2008年3月号

4 質の高い教育をみんなに
ページID:0061440 更新日:2020年3月10日更新 印刷ページ表示

人権ホットメール毎月10日は人権を考える日です

2008年3月号

いのちのバトン


 故相田みつをさんが、「いのちのバトン」という詩の中で、私たちが今生きているのは、過去たくさんの人々が、そのいのちを受け継いできたからです。10代前では1,024人、20代前では100万人を超えていますと述べています。
 何百万人といういのちのバトンを受け継いでいるかけがえのないいのちが、今、事故や自殺、戦争等によって日々奪われています。
 ここ数年、自殺者は年間3万人を超えています。毎日80人以上の人が貧困、病気、差別等により自らいのちを絶っています。
 小学生対象のある調査によると、「人間は死んだら生き返る」「生き返るかも知れない」と答えた児童が3割を超えていたそうです。
 ファミリーのイラストゲームのように「いのちはリセットできる」と思っている人がいるということに驚かされます。
 今ここにいる自分は、過去たくさんの人々のいのちのバトンを受け継いでいること、その中の一人が欠けても、今の自分は存在しないこと、そのためいのちを大切にするとともに、可能な限り次の人にしっかりとタスキを渡さなければならないことを、大人も子どもも、もう一度よく考えてみたいものです。


西条市人権教育協議会

西条市教育委員会

お問い合わせ

西条市教育委員会 人権教育課 人権教育係
電話:0897-56-5151 内線:5242


おすすめイベント