ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 人権擁護課 > 人権ホットメール2007年8月号

本文

人権ホットメール2007年8月号

4 質の高い教育をみんなに
ページID:0061433 更新日:2020年3月10日更新 印刷ページ表示

人権ホットメール毎月10日は人権を考える日です

2007年8月号

身元調査おことわり運動について


ひまわりの花のイラスト

 西条市では、あらゆる差別を許さないまちづくりの一環として、身元調査おことわり運動に取り組んでまいりました。この運動を通して、人権問題を一人一人の問題として理解するとともに、行動化することの大切さを学ぶことが出来ました。
 そこで今回は、実際に身元調査に来た人に対してどのような対応をすればよいのかということについて、考えてみたいと思います。

 

1 私たちは、身元調査をすることに対して、次のように考えます。

 私たちには、基本的人権の一つとして、個人情報を保護し、コントロール出来るプライバシー権が認められています。結婚や就職時に身元調査をしたり、また、協力したりすることは、プライバシーの侵害(しんがい)であり、許されない人権侵害(しんがい)行為です。


2 それでは、どのように対応すればいいのでしょうか。いくつかの対応例をあげてみましょう。

  • 「玄関にステッカーを貼(は)ってあるとおり、西条市では、身元調査おことわり運動をしているのでお答え出来ません。」
  • 「身元調査は、プライバシーの侵害(しんがい)行為であり、差別につながる恐れのあることです。あなたを差別者にしたくないし、私も差別者になりたくないので、お帰りください。」
  • 「そのことでしたら、ご本人に直接お聞きください。」
  • 「私が身元調査をされる立場だとしたら、それはとてもいやなことです。だから、私は協力いたしません。」

この行動が、差別を許さないまちづくりの大きな原動力になります。


西条市人権教育協議会
西条市教育委員会

お問い合わせ

西条市教育委員会 人権教育課 人権教育係
電話:0897-56-5151 内線:5242


おすすめイベント