ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民生活部 > 人権擁護課 > 人権ホットメール2007年6月号

本文

人権ホットメール2007年6月号

ページID:0061431 更新日:2020年3月10日更新 印刷ページ表示

人権ホットメール毎月10日は人権を考える日です

2007年6月号

違いを認めて


小鳥のイラスト

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速くは走れない。


私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
たくさんな唄は知らないよ。


鈴と、小鳥と、それから私、  みんなちがって、みんないい。

作 金子みすヾ

 この詩を聞いたことのある人はたくさんいるでしょう。
 鈴と小鳥、それから私、これら三つを比べるという発想。
 作者「金子みすヾ」は、この三つを同じ視線で見ていると思いませんか。つまり、それらの存在・違いを大切に認めていると思うのです。

 私たちは比べてはいませんか?
 兄弟の中で、子どもたちの中で、職場の中で、地域の中で
 社会には様々な人たちがいます。
 違う顔、違う声、違う姿、違う心
 ゆっくりゆっくり歩く人、早く早くと考える人、生きかたは様々
 みんな違っているからいいのです。
 違っているから存在する意味があるのです。

 人権教育の目標は「お互いを尊重し合う」ことです。
 それは、『それぞれの違いを認め合う』ことではないでしょうか。

 みんな みんな 大切な存在、
 それぞれの違いを認め合い尊重しあいましょう。

西条市教育委員会
西条市人権教育協議会

お問い合わせ

西条市教育委員会 人権教育課 人権教育係
電話:0897-56-5151 内線:5242


おすすめイベント