ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 介護保険 > 令和元年度(平成31年度)の介護保険料

検索コーナー

ライフステージ

  • 妊娠・出産
  • 子育て・教育
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し・住まい
  • 老後・介護
  • おくやみ


令和元年度(平成31年度)の介護保険料

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月12日更新

令和元年度(平成31年度)の介護保険料(年額)

令和元年度(平成31年度)の第1号被保険者(65歳以上の方)の介護保険料は、所得段階に応じて次のようになっています。

所得段階対象者 基準額との
比率
年間保険料
第1段階                生活保護受給者

0.375

27,600円

本人および世帯全員が市民税非課税

・老齢福祉年金受給者
・本人の前年の課税年金収入額と合計所得金額(公的年金等の所得を除く)の合計  が80万円以下の方

第2段階本人の前年の課税年金収入額と合計所得金額(公的年金等の所得を除く)の合計が80万円を超え120万円以下の方

0.625

46,000円

第3段階本人の前年の課税年金収入額と合計所得金額(公的年金等の所得を除く)の合計が120万円を超える方

0.725

53,400円

第4段階世帯の誰かに市民税が課税されているが本人は市民税非課税本人の前年の課税年金収入額と合計所得金額(公的年金等の所得を除く)の合計が80万円以下の方0.966,200円
第5段階本人の前年の課税年金収入額と合計所得金額(公的年金等の所得を除く)の合計が80万円を超える方1.0
(基準額)
73,600円
第6段階本人が市民税課税本人の前年の合計所得金額が120万円未満の方1.288,300円
第7段階本人の前年の合計所得金額が120万円以上200万円
未満の方
1.395,700円
第8段階本人の前年の合計所得金額が200万円以上300万円
未満の方
1.5110,400円
第9段階本人の前年の合計所得金額が300万円以上の方1.7125,100円

※合計所得金額とは、扶養控除や医療費控除などの控除をする前の金額です。
※第1段階から第3段階までの方は、公費による負担軽減が図られ、上表の金額となります。 
※合計所得金額については、長期譲渡所得または短期譲渡所得に係る特別控除額を控除した額を用います。

保険料の納め方(任意で選ぶことはできません)

(1)特別徴収 (年金からの天引き) 
    ・老齢、退職、遺族、障害年金を年額18万円以上受給している方

(2)普通徴収 (納付書や口座振替で納付)
    ・老齢、退職、遺族、障害年金の年間受給額が18万円未満の方
    ・老齢福祉年金を受給している方
    ・年度途中に65歳になった方(1年以内に年金天引きになります)
    ・年度途中に市外から転入してきた方(1年以内に年金天引きになります)

保険料の納期

令和元年度(平成31年度)の納期は次のとおりです。

・年金から天引きされる方(特別徴収)
年金支給月年金から天引きされる日
4月4月15日
6月6月14日
8月8月15日
10月10月15日
12月12月13日
2月2月14日

※年金支払日が金融機関等の休業日にあたる場合には、前営業日が支払日になります。

・納付書や口座振替で個別に納める方(普通徴収)
納期限日
4月~6月通常のお支払いはありません
1期(7月)7月31日
2期(8月)9月2日
3期(9月)9月30日
4期(10月)10月31日
5期(11月)12月2日
6期(12月)12月26日
7期(1月)1月31日
8期(2月)3月2日

※納期限日が金融機関等の休業日にあたる場合には、翌営業日が納期限日となります。

 お問い合わせ

福祉部 長寿介護課 介護総務係
電話:0897-52-1419

東予総合支所 市民福祉課
電話:0898-64-2700(代表)

丹原総合支所 市民福祉課
電話:0898-68-7300(代表)

小松総合支所 市民福祉課
電話:0898-72-2111(代表)