ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・危機管理 > 災害情報 > 西条市消防本部 > 新型コロナウイルス感染症関連】消防団活動への対応

新型コロナウイルス感染症関連】消防団活動への対応

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月13日更新

消防団活動における新型コロナウイルス感染症対策について

 

 このことについて、愛媛県は感染力が強いデルタ株の影響により、県内において、過去最多を大幅に更新する陽性者が確認されました。

 こうしたことから、県は、8月11日から当面の間、独自の警戒レベルを感染警戒レベル最高の「感染対策期」に引き上げました。

 西条市においても、連日多くの陽性者が確認され、感染拡大の状況にあります。

 つきましては、消防団活動における基本方針について、下記のとおり取りまとめたので、各分団において、最大級の警戒と、今まで以上に徹底した感染回避行動をお願いします。

 なお、今回の対応は、8月12日から当面の間とし、日々変化する状況により見直しが必要となった場合は、その都度周知いたします。

 

消防団活動の基本方針について

 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、本団では、8月12日から当面の間の対応として、感染対策を最優先とし、災害対応以外の全ての消防団活動を中止することとします。

 各分団は、消防団活動に限らず普段の生活においても、今一度、感染回避行動の徹底をお願いします。

 また、活動の詳細は、別紙「新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた消防団活動の基本方針(8月12日から当面の間)」に基づき実施することとします。

 

 行事の実施について

 

(1)機械器具・蔵置所点検(副団長巡視)

中止

(2)女性団員の救命講習指導員の活動

中止

(3)各種の車両広報

中止

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた消防団活動の基本方針(8月12日から当分の間)

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた消防団活動の基本方針(8月12日から当分の間)

  1. 災害対応以外の全ての消防団活動(点検、広報など)を中止とする。
  2. 災害対応にあたる場合は、感染防止対策を講じたうえで活動すること。
  3. 消防団が主催する会食は控えること。
  4. 体調不良の団員は、火災等の災害に出動させないこと。
  5. 松山市との不要不急の往来を自粛すること。
  6. 県外との不要不急の往来を自粛すること。
  7. 緊急事態宣言地域等(まん延防止等重点措置地域および感染拡大地域を含む)から帰県し2週間経過していない団員は、消防団活動に参加させないこと。また、外出や人との接触を避けること。
  8. 分団の幹部団員は、災害現場では新任団員の安全管理に配慮した活動指揮を行うこと。
  9. 日々の検温、マスクの着用、手指消毒の徹底など、基本的な感染防止対策を徹底すること。
  10. 感染者や家族などに対する差別、中傷などを行わないこと。
  11. 活動に不安があり参加できない旨の申し出については、個々の意見を尊重し対応すること。
  12. この方針は、8月12日から当面の間の運用とするが、状況により見直しが必要となった場合は、その都度周知する。