ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 水の歴史館 > 水の歴史館 神拝小学校観測井の地下水位の現況

本文

水の歴史館 神拝小学校観測井の地下水位の現況

6 安全な水とトイレを世界中に11 住み続けられるまちづくりを
ページID:0079896 更新日:2024年1月22日更新 印刷ページ表示

ライン

地下水位の現況

観測井の代表地点として、神拝小学校地下水位の現況をお知らせします。

神拝小学校の地下水位グラフ

令和5年(2023年) [PDFファイル/117KB]

○令和5年1月の地下水位は地盤高程度まで低下しましたが、その後のまとまった降雨により回復しています。

〇令和5年2月は降雨にも恵まれ、平年程度の地下水位を維持しています。

〇令和5年3月は平年に近い降雨に恵まれ、引き続き平年程度の地下水位を維持しています。

〇令和5年4月は降雨に恵まれ、平年以上の地下水位を維持しています。

〇令和5年5月も引き続き降雨に恵まれ、平年を上回る地下水位を維持しています。

​〇令和5年6月は中旬まで高い地下水位を維持していたものの、下旬は雨量が少なく、平年の地下水位(平均)を下回りました。

〇令和5年7月は中旬まで高い地下水位を維持していたものの、下旬は雨量が少なく、平年の地下水位(平均)を下回りました。

​〇令和5年8月は初旬に地盤高近くまで地下水位が低下しましたが、その後降雨に恵まれ、高い状態を維持しています。

〇令和5年9月は黒瀬ダムの放流量の増加に伴い、平年以上の地下水位を維持していましたが、月末頃に放流量が元に戻り降雨も少なかったため平年より地下水位は低下しました。

​〇令和5年10月は降雨量が非常に少なく、地下水位は低下を続け、10月下旬以降は地盤高を下回っています。​

​〇令和5年11月は中旬にまとまった降雨があり、地下水位は地盤高を上回るまで回復しています。

〇令和5年12月の地下水位は回復傾向にあったものの、中旬から下旬にかけて降雨が少なく、月末には地盤高を下回りました。​

ライン

 

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)